東京競馬場 芝1400mの傾向や有利不利

LINEで送る
Pocket

このページでは、東京芝1400mの過去5年間分ものレース傾向を徹底分析し、
  有利な枠有利な脚質があるかどうか?
  狙うは人気馬か穴馬か、それとも?!
  また、どんなペースになりやすい傾向なのか?
などを調べた結果をまとめています。

このコースで行われる代表的なレースには、京王杯スプリングC(GII)、京王杯2歳ステークス(GII) などがあります。

東京競馬場 芝1400m コース紹介

左回りで行われる東京競馬場。芝コース1400mのスタート地点は向正面の真ん中あたりで、ゲートを出るとすぐに起伏を登ることになります。そのためにスタートダッシュがしづらいコース形状になっています。起伏をゆるやかに下っていくと第3コーナーにすぐに差し掛かるため、なかなかトップスピードを出しづらい形状です。

第4コーナーを曲がると、東京競馬場特有の長い長い最後の直線が待っています。残り500m地点から1ハロンほどが急激な坂になっていて、登りきってもあと300mも残っているタフなコースです。

なおこの分析対象レースからは、出走馬の能力差で勝ち負けになってしまうような、2歳戦や新馬戦・未出走戦は除外しています。

東京競馬場 芝1400mの標準タイム(クラスごと)

クラスごとに勝ち馬の標準タイム(勝ち時計)を紹介します。過去5年間に良馬場で行われたレースでの勝ちタイムの平均です。

平均タイムを知ることで、どのあたりのクラスまで通用しそうか?がある程度推測できますね。

東京芝1400mの走破タイム
クラス 平均タイム 80%範囲
新馬 1:24:0 1:22:8 ~ 1:25:2
未勝利 1:22:6 1:21:7 ~ 1:23:4
500万下 1:21:6 1:20:8 ~ 1:22:4
1000万下 1:21:6 1:20:6 ~ 1:22:5
1600万下 1:20:9 1:19:9 ~ 1:21:9
オープン 1:21:2 1:20:4 ~ 1:22:0
重賞 1:21:5 1:20:2 ~ 1:22:8

統計上80%の確率でこの範囲に収まる

注釈にも書いていますが、この範囲を超えたタイムを出した馬は(馬場状態にもよりますが))かなりの実力があると見て良いでしょう。

東京競馬場 芝1400mの枠番ごとの有利不利

過去5年間における枠番ごとの成績を分析し、有利な枠や不利な枠を調べた結果です。

東京芝1400mで有利な枠番
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1 25-55-79-233 8.0% 18% 25%
2 21-48-68-259 6.4% 15% 21%
3 29-55-82-259 8.5% 16% 24%
4 20-37-59-291 5.7% 11% 17%
5 24-46-60-297 6.7% 13% 17%
6 24-48-74-292 6.6% 13% 20%
7 18-41-63-373 4.1% 9.4% 14%
8 22-36-64-385 4.9% 8.0% 14%

東京芝1400mの枠番による有利不利

もっとも勝率の高い枠は3枠で、もっとも連対率の高い枠は1枠でした。
勝率、連対率ともに明白な分析結果となりました。このグラフを見ても明らかなように東京芝1400mは、内枠がかなり有利な傾向にあると考えて間違いありません。思い切って外枠の人気馬は外して内枠の穴馬で勝負すれば、大穴馬券が穫れるかもしれませんね。

逆に7枠・8枠は、他の枠と比べても勝率・連対率・3着内率の全てにおいて劣っています。スタートしてすぐに第3コーナーに差し掛かるせいなのでしょうか、外枠が不利なのは明白です。よっぽどの実力馬出ない限りは馬券対象外にした方がよいでしょう。

東京競馬場 芝1400mのペース傾向

過去5年間における全レースのペース傾向を分析し、ハイペース、スローペース、ミドルペースのどのパターンが最も多いのか?を調べた結果です。

東京芝1400mのペース傾向
レース数 Hペース Mペース Sペース
185 7% 34% 58%

東京芝1400mのペース傾向

結果はグラフを見れば一目瞭然、明らかにスローペースになる傾向という分析結果が出ました。そしてハイペースになることはほとんどありません。

1400mという短い距離なのでハイペースになりやすいのでは?と当初は思っていましたが、この分析結果は意外でした。おそらく「スタート直後に急な上り坂がある」「その後すぐに第3コーナーに差し掛かる」というコースの特徴のせいで、あまりスピードを出せずにペースが落ち着いてしまうものと思われます。

東京芝1400mでは、ほぼ確実にスローペースになると考えて予想を組み立てましょう。

東京競馬場 芝1400mで有利な脚質

過去5年間におけるレースにおいて、脚質ごとの傾向を勝率・連対率・回収率の観点から分析した結果です。

他サイトでよく出ているのは「レース結果としての脚質」が多いですが、ここで紹介している脚質はレースを走る前のその馬の脚質なので、予想するときの参考にしやすいと思います。

東京芝1400mで有利な脚質
脚質 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
逃げ 17-29-34-145 9.5% 16% 19% 61%
先行 83-163-255-799 7.9% 15% 24% 103%
差し 67-140-205-988 5.6% 12% 17% 56%
追込 16-34-55-457 3.1% 6.6% 11% 29%

東京芝1400mの脚質ごとの傾向

逃げと先行が同じくらいの連対率となりましたが、もっとも勝率・連対率が高いのは、「逃げ」脚質でした。一方で差し馬の連対率は低く、あまり成績はよくありません。勝率が最も高かったのも逃げ脚質なので、東京芝1400mでは逃げの馬を中心に狙ってみると良いかもしれません。

単勝回収率が高いのは「先行」脚質で、狙うならやはり逃げ・先行馬のようです。

逆に差し馬・追い込み馬の成績・回収率はよくありません。追込脚質の回収率は30%を切っており、勝率もわずか3%しかありません。短距離戦に加えてスローペースになりやすいコースのため、差し・追込では届かないのでしょう。もし人気馬が差し・追込脚質だった場合は、思い切って外すのも一手です。

東京競馬場 芝1400mの人気ごとの回収率

穴馬を発見するために本当に大切なのは、「前走の人気」と「今走の人気」の両方です。いつでも人気なのか?前走は人気だったけど今回は不人気なのか?逆に、前走は不人気でも今走で人気なのか?

人気がどう変わったのかを調べることで、穴馬を発見できることも多いです。特に「前走人気→今走中穴」のパターンなど、実力はあるのに過小評価されているときこそ狙い目です。

ここでは、それぞれの人気変化のパターンごとに、勝率・連対率・単勝回収率の観点から分析しました。

東京芝1400mにおける人気変化ごとの連対率と回収率
前走→今走 成績 勝率 連対率 単勝回収率
人気→人気 49-73-90-100 26% 38% 79%
人気→中穴 17-31-44-90 13% 23% 87%
人気→大穴 2-8-12-91 1.9% 7.8% 25%
中穴→人気 23-43-64-63 18% 34% 59%
中穴→中穴 20-46-61-132 10% 24% 87%
中穴→大穴 9-23-42-256 3.0% 7.7% 71%
大穴→人気 10-20-31-16 21% 43% 71%
大穴→中穴 26-49-71-144 12% 23% 104%
大穴→大穴 24-68-129-1392 1.6% 4.5% 64%

※人気=1~2番人気、中穴=3~5番人気、大穴=6番人気以下

東京芝1400mの人気変化ごとの傾向(連対率)

東京芝1400mの人気変化ごとの傾向(回収率)

まず連対率の方から見ていきましょう。大きく目立つ特徴はなく、順当に1~2番人気の馬の勝率・連対率が高い結果となりました。あまり波乱はなさそうなイメージです。

次に回収率のグラフを見てみます。1~2番人気の馬は回収率は高くなく、60%~80%というやや低い数値になっています(単勝回収率の期待値は80%)
もっとも回収率が高いのは、前走6番人気以下で今走は3~5番人気という条件の馬で、回収率は100%を超えていますね。今走で3~5番人気の馬は総じて回収率が高く(93%)、穴馬として狙うにはおすすめです。

そして6番人気以下は連対率も回収率も低いため、大穴を狙うのは止めたほうが賢明です。

東京競馬場 芝1400mの距離短縮・距離延長ごとの傾向

前走のレースで走った距離が、1400mよりも長い距離(1600m以上)だったのか?(つまり距離短縮)、それとも1400mよりも短い距離(1200m以下)だったのか?(つまり距離延長)または、前走も同距離(1400m)だったのか?

それぞれのパターンごとに、勝率・連対率・3着内率・単勝回収率の観点から分析した結果です。

当たり前ですが全体的には、前走も同距離を走っていた馬の方が良い成績を収めています。
しかしコースによっては距離短縮の方が良かったり(前走はもっと長い距離を使ってきた)、またその逆もあるので非常に興味深い分析内容になっています。

分析した結果このような傾向になっていました。

東京芝1400mにおける、前走との距離変化による結果
前走→今走 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
距離短縮 73-153-231-820 6.9% 15% 22% 82%
同距離 88-167-247-852 8.0% 15% 22% 63%
距離延長 19-42-67-665 2.6% 5.7% 9.2% 60%

東京芝1400mの前走距離ごとの傾向

グラフを見て一番目立つのは、距離延長組の成績の悪さでしょう。勝率・連対率・3着内率、全てにおいて他よりも半分以下の数値になっています。相当に不利ということです。東京芝1400mに出走する馬のうち、前走が1200m以下を使ってきた馬は馬券対象外にした方がよいでしょう。

距離短縮のステップを組んできた馬と、同距離を選んできた馬はほぼ同じ成績です。しかし単勝回収率をみると、距離短縮の方が少し高くなっているのが分かると思います。

どっちかで迷った場合は、前走でマイル戦を使ってきた馬を選ぶとよいかもしれません。

東京芝1400mの傾向まとめ

東京芝1400mの傾向のまとめです。

  • 内枠(1~3枠)が有利で、外枠(7~8枠)が不利
  • スローペースになりやすい
  • 脚質は逃げ・先行が有利。追込は絶対NG
  • 人気サイドが有利。回収率で狙うなら3~5番人気
  • 距離延長になる馬は大きく不利

これらのレース傾向と、隠れた実力馬がひと目で分かる! 能力指数サービスとを組み合わせることで、人気に惑わされずに期待値の高い(穴馬だけど勝つ可能性の高い)馬を見つけられるようになりますよ。

LINEで送る
Pocket

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる