阪神競馬場 芝1400mの傾向や有利不利

LINEで送る
Pocket

このページでは、阪神芝1400mの過去5年間分ものレース傾向を徹底分析し、
  有利な枠有利な脚質があるかどうか?
  狙うは人気馬か穴馬か、それとも?!
  また、どんなペースになりやすい傾向なのか?
などを調べた結果をまとめています。

阪神競馬場 芝1400mで行われる代表的なレースには、阪神カップ(GII)、フィリーズレビュー(GII)、阪急杯(GIII) などがあります。

阪神競馬場 芝1400m コース紹介

阪神の芝1400mは内回りで行われます。スタート地点は向正面のポケットで、最初の400メートルほどは直線なので枠順による有利・不利はなさそうに感じます。内回りは起伏もなくゴール前まで緩やかな下り坂が続きます。

ゴール前200m地点から急に上り坂になり、高低差こそ1.8m程度ですが急勾配で中山競馬場の急坂とほぼ同じ角度です。それまで順調に飛ばしてきた逃げ、先行馬がゴール直前で失速するシーンもよくある光景です。

なおこの分析対象レースからは、出走馬の能力差で勝ち負けになってしまうような、2歳戦や新馬戦・未出走戦は除外しています。

阪神競馬場 芝1400mの標準タイム(クラスごと)

クラスごとに勝ち馬の標準タイム(勝ち時計)を紹介します。過去5年間に良馬場で行われたレースでの勝ちタイムの平均です。

平均タイムを知ることで、どのあたりのクラスまで通用しそうか?がある程度推測できますね。

阪神芝1400mの走破タイム
クラス 平均タイム 80%範囲
新馬 1:23:1 1:21:9 ~ 1:24:2
未勝利 1:22:2 1:21:2 ~ 1:23:2
500万下 1:21:6 1:20:8 ~ 1:22:3
1000万下 1:21:2 1:20:4 ~ 1:22:1
1600万下 1:21:4 1:20:8 ~ 1:21:9
オープン 1:21:8 1:20:8 ~ 1:22:8
重賞 1:21:1 1:19:7 ~ 1:22:5

統計上80%の確率でこの範囲に収まる

注釈にも書いていますが、この範囲を超えたタイムを出した馬は(馬場状態にもよりますが))かなりの実力があると見て良いでしょう。

阪神競馬場 芝1400mの枠番ごとの有利不利

過去5年間における枠番ごとの成績を分析し、有利な枠や不利な枠を調べた結果です。

阪神芝1400mで有利な枠番
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1 26-40-51-164 12% 19% 24%
2 17-29-51-176 7.5% 13% 22%
3 10-26-38-194 4.3% 11% 16%
4 16-32-49-193 6.6% 13% 20%
5 13-29-41-209 5.2% 12% 16%
6 18-37-55-199 7.1% 15% 22%
7 15-32-52-264 4.7% 10% 16%
8 15-36-54-267 4.7% 11% 17%

阪神芝1400mの枠番による有利不利

スタート直後のコース形状を見ると、内枠・外枠とで差はなさそうに思いましたが、実際に分析してみると圧倒的に内枠が有利、ということが分かりますね。1枠だけでなく2枠もそれなりに有利なようです。

そしてもうひとつが、偶数枠と奇数枠とで有利・不利がはっきりとしているのが特徴です。1枠を除く奇数枠(3、5、7枠)は偶数枠に比べて成績が劣っています。ゲート入りの順番は重要ですね。

そして最後にゲートインする8枠は思いの外、あまり良くない結果となっています。これらの傾向は、勝率・連対率・3着内率、全てにおいて同様です。

結論としては、阪神芝1400mは内枠(特に1枠)がかなり有利な傾向であると言い切って間違いありません。

阪神競馬場 芝1400mのペース傾向

過去5年間における全レースのペース傾向を分析し、ハイペース、スローペース、ミドルペースのどのパターンが最も多いのか?を調べた結果です。

阪神芝1400mのペース傾向
レース数 Hペース Mペース Sペース
130 41% 49% 10%

阪神芝1400mのペース傾向

芝の短距離戦ということもあってか、全体的な傾向としてはハイペースになりやすいですね。もっとも発生確率が高いのはミドルペースでした。

1400m戦なのでハイペースの方が多い印象を抱いてましたが、もしかすると思ったより速いペースにはならないのかもしれません。逆に、スローペースになることはほとんどないようです。

阪神競馬場 芝1400mで有利な脚質

過去5年間におけるレースにおいて、脚質ごとの傾向を勝率・連対率・回収率の観点から分析した結果です。

他サイトでよく出ているのは「レース結果としての脚質」が多いですが、ここで紹介している脚質はレースを走る前のその馬の脚質なので、予想するときの参考にしやすいと思います。

阪神芝1400mで有利な脚質
脚質 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
逃げ 10-22-35-135 5.9% 13% 21% 58%
先行 67-118-176-587 8.8% 15% 23% 66%
差し 44-96-142-645 5.6% 12% 18% 54%
追込 9-25-38-299 2.7% 7.4% 11% 29%

阪神芝1400mの有利な脚質

もっとも連対率が高いのは「先行」脚質でした。一方で追い込み馬の連対率は低く、あまり成績はよくありません。勝率の面からみても最も高かったのは先行脚質なので、阪神芝1400mでは先行の馬を中心に狙ってみると良いかもしれません。

ミドルペースになることが多いようなので、先行した馬がそのまま押し切ってしまうのでしょう。最も単勝回収率が高いのも「先行」脚質なので、やはり先行馬から買うのが無難なようです。

阪神競馬場 芝1400mの人気ごとの回収率

穴馬を発見するために本当に大切なのは、「前走の人気」と「今走の人気」の両方です。いつでも人気なのか?前走は人気だったけど今回は不人気なのか?逆に、前走は不人気でも今走で人気なのか?

人気がどう変わったのかを調べることで、穴馬を発見できることも多いです。特に「前走人気→今走中穴」のパターンなど、実力はあるのに過小評価されているときこそ狙い目です。

ここでは、それぞれの人気変化のパターンごとに、勝率・連対率・単勝回収率の観点から分析しました。

阪神芝1400mにおける人気変化ごとの連対率と回収率
前走→今走 成績 勝率 連対率 単勝回収率
人気→人気 43-73-87-52 31% 53% 106%
人気→中穴 16-29-39-68 15% 27% 105%
人気→大穴 4-7-12-86 4.1% 7.1% 85%
中穴→人気 15-30-37-42 19% 38% 74%
中穴→中穴 12-29-47-87 9.0% 22% 79%
中穴→大穴 6-13-33-204 2.5% 5.5% 49%
大穴→人気 4-10-17-25 9.5% 24% 46%
大穴→中穴 13-22-43-101 9.0% 15% 83%
大穴→大穴 15-45-72-917 1.5% 4.6% 31%

※人気=1~2番人気、中穴=3~5番人気、大穴=6番人気以下

阪神芝1400mの人気変化ごとの傾向(連対率)

阪神芝1400mの人気変化ごとの傾向(回収率)

まず上のグラフ(連対率)を見てみると、連対率が50%を超えていることからも明らかなように、人気馬が圧倒的に強い傾向となっています。そして同じ人気馬でも「前走でも人気だった」馬のほうが良い成績を残しているので、奇をてらわずに前走・今走ともに人気になっている馬を中軸にするのが良さそうです。

下のグラフが回収率を表しています。統計的にはどれも80%付近に来るはずですが、こうして人気ごとにバラして分析してみると前走で1~2人気の馬の回収率が高いことが分かりますね。

阪神芝1400mでは、前走も今走も人気の馬を中心に馬券を検討しましょう。

阪神競馬場 芝1400mの前走距離の傾向

前走のレースで走った距離が、1400mよりも長い距離(1600m以上)だったのか?(つまり距離短縮)、それとも1400mよりも短い距離(1200m以下)だったのか?(つまり距離延長)または、前走も同距離(1400m)だったのか?

それぞれのパターンごとに、勝率・連対率・3着内率・単勝回収率の観点から分析した結果です。

当たり前ですが全体的には、前走も同距離を走っていた馬の方が良い成績を収めています。
しかしコースによっては距離短縮の方が良かったり(前走はもっと長い距離を使ってきた)、またその逆もあるので非常に興味深い分析内容になっています。

分析した結果このような傾向になっていました。

阪神芝1400mにおける、前走との距離変化による結果
前走→今走 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
距離短縮 42-85-137-524 6.4% 13% 21% 58%
同距離 63-121-168-630 7.9% 15% 21% 50%
距離延長 23-52-82-454 4.3% 9.7% 15% 55%

阪神芝1400mの前走距離ごとの傾向

まず明らかなのが「距離延長のローテで来た競走馬は不利」ということです。つまり、前走で1200mを使ってきた馬は勝つのが難しいです。ただ単にスピードだけで勝ち切るのが難しいコース、ということなのでしょう。

距離短縮となる馬も、前走が同距離と比較してやや不利な傾向です。しかし回収率が高いので、狙うなら前走でマイルを走ってきた馬になります。

このグラフを見て面白いと思ったのですが、回収率が全体的に低いですよね。なぜこうなるかというと、阪神芝1400mは大きく荒れない(少なくとも単勝では)ということなんです。先ほど人気ごとの回収率を分析しましたが、人気馬が勝ちやすいコースなのであまり穴狙いしない方が良い、という事実を示しています。

阪神芝1400mの傾向まとめ

阪神芝1400mの傾向のまとめです。

  • 枠順は内枠有利。特に1枠が圧倒的有利
  • 先行脚質がやや有利な傾向
  • スローペースにはほとんどならない
  • 素直に人気馬から買う。特に前走でも人気だった馬
  • 前走がマイルまたは1400mを使ってきた馬

これらのレース傾向と、隠れた実力馬がひと目で分かる! 能力指数サービスとを組み合わせることで、人気に惑わされずに期待値の高い(穴馬だけど勝つ可能性の高い)馬を見つけられるようになりますよ。

LINEで送る
Pocket

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる