阪神競馬場 芝1200mの傾向や有利不利

LINEで送る
Pocket

このページでは、阪神芝1200mの過去5年間分ものレース傾向を徹底分析し、
  有利な枠有利な脚質があるかどうか?
  狙うは人気馬か穴馬か、それとも?!
  また、どんなペースになりやすいのか?
などを調べた結果をまとめています。

阪神競馬場 芝1200mで行われる代表的なレースには、セントウルステークス(GII) などがあります。

阪神競馬場 芝1200m コース紹介

阪神芝1200mは内回りで行われスタートは向正面の中ほどにあります。約220mほど直線を走ったところで第3コナーに差し掛かります。阪神競馬場の内回りコースはこのあたりから緩い下り坂がゴール前までずっと続きます。

直線距離は356メートルあり、ラスト200mから1.5%の急勾配になっている阪神名物の上り坂が始まります。それまで順調に飛ばしてきた逃げ馬・先行馬が失速する要因でもあり、ゴール前での争いに迫力があるコースです。

なおこの分析対象レースからは、出走馬の能力差で勝ち負けになってしまうような、2歳戦や新馬戦・未出走戦は除外しています。

阪神競馬場 芝1200mの標準タイム(クラスごと)

クラスごとに勝ち馬の標準タイムを紹介します。過去5年間に良馬場で行われたレースでの勝ちタイムの平均です。

平均タイムを知ることで、どのあたりのクラスまで通用しそうか?がある程度推測できますね。

阪神芝1200mの走破タイム
クラス タイム 80%範囲
新馬 1:10:8 1:10:0 ~ 1:11:5
未勝利 1:09:9 1:09:0 ~ 1:10:9
500万下 1:09:2 1:08:1 ~ 1:10:3
1000万下 1:08:8 1:08:5 ~ 1:09:1
1600万下 1:08:4 1:07:6 ~ 1:09:3
オープン 1:08:8 1:08:8 ~ 1:08:8
重賞 1:07:6 1:07:5 ~ 1:07:8

統計上80%の確率でこの範囲に収まる

注釈にも書いていますが、この範囲を超えたタイムを出した馬は(馬場状態にもよりますが))かなりの実力があると見て良いでしょう。

阪神競馬場 芝1200mの枠番ごとの有利不利

過去5年間における枠番ごとの成績を分析し、有利な枠や不利な枠を調べた結果です。

阪神芝1200mで有利な枠番
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1 7-6-7-98 5.9% 11% 17%
2 14-10-8-91 11% 20% 26%
3 9-7-6-109 6.9% 12% 17%
4 8-12-15-106 5.7% 14% 25%
5 12-13-10-112 8.2% 17% 24%
6 8-13-11-117 5.4% 14% 21%
7 11-6-10-123 7.3% 11% 18%
8 8-10-11-123 5.3% 12% 19%

阪神芝1200mの枠番による有利不利

もっとも特徴的なのが2枠がかなり有利だということです。全体的には内枠・外枠ともに同じくらいの成績ですが、2枠だけ勝率・連対率・3着内率ともに抜きん出た成績です。阪神芝1200mは2枠が有利と考えて良いでしょう。

逆に2枠の両端である1枠と3枠の成績はイマイチですね。奇数枠ということで先にゲート入りした内枠の馬は大きな不利をかかえるということです。

阪神競馬場 芝1200mで有利な脚質

過去5年間におけるレースにおいて、脚質ごとの傾向を勝率・連対率・回収率の観点から分析した結果です。

他サイトでよく出ているのは「レース結果としての脚質」が多いですが、ここで紹介している脚質はレースを走る前のその馬の脚質なので、予想するときの参考にしやすいと思います。

阪神芝1200mで有利な脚質
脚質 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
逃げ 8-9-7-83 7.5% 16% 22% 26%
先行 47-36-45-328 10% 18% 28% 85%
差し 18-24-19-313 4.8% 11% 16% 43%
追込 4-8-7-155 2.3% 6.9% 11% 16%

阪神芝1200mの有利な脚質

1200mという短距離戦ということもあり、差し馬・追い込み馬は総じて良い成績を残すことができません。やはり狙い目は逃げ・先行馬ということになります。

中でも先行馬は有利なように見えますね。勝率・連対率・3着内率、どれを取っても他の脚質より抜きん出ています。最も単勝回収率が高いのも先行脚質なので、やはり阪神の芝1200mで有利なのは先行馬です。

阪神競馬場 芝1200mのペース傾向

過去5年間における全レースのペース傾向を分析し、ハイペース、スローペース、ミドルペースのどのパターンが最も多いのか?を調べた結果です。

阪神芝1200mのペース傾向
レース数 Hペース Mペース Sペース
77 33% 58% 9%

阪神芝1200mのペース傾向

1200mという短距離戦の割には意外にもハイペースになる確率は33%と低く、たいていの場合ミドルペースになるようです。ミドルペース=レースの前半・後半でスピードが大きく変化しない、ということですから、逃げ・先行馬が有利なのもうなづけますね。

逆にスローペースになることはほとんどありません。脚をためて直線に持ち出しても届かないケースがほとんどでしょう。

阪神競馬場 芝1200mの人気ごとの回収率

穴馬を発見するために本当に大切なのは、「前走の人気」と「今走の人気」の両方です。いつでも人気なのか?前走は人気だったけど今回は不人気なのか?逆に、前走は不人気でも今走で人気なのか?

人気がどう変わったのかを調べることで、穴馬を発見できることも多いです。特に「前走人気→今走中穴」のパターンなど、実力はあるのに過小評価されているときこそ狙い目です。

ここでは、それぞれの人気変化のパターンごとに、勝率・連対率・単勝回収率の観点から分析しました。

阪神芝1200mにおける人気変化ごとの連対率と回収率
前走→今走 成績 勝率 連対率 単勝回収率
人気→人気 16-13-9-28 24% 44% 62%
人気→中穴 4-5-5-43 7.0% 16% 48%
人気→大穴 0-1-3-40 0.0% 2.3% 0%
中穴→人気 15-6-12-18 29% 41% 91%
中穴→中穴 5-7-8-51 7.0% 17% 52%
中穴→大穴 4-9-6-89 3.7% 12% 63%
大穴→人気 8-7-3-19 22% 41% 75%
大穴→中穴 15-11-16-61 15% 25% 122%
大穴→大穴 10-18-16-515 1.8% 5.0% 41%

※人気=1~2番人気、中穴=3~5番人気、大穴=6番人気以下

阪神芝1200mの人気変化ごとの傾向(連対率)

阪神芝1200mの人気変化ごとの傾向(回収率)

結論から言ってしまうと、阪神1200m(芝)は、前走が6番人気以下で今回が3~5番人気の馬から狙うのがベストです。以下に解説します。

人気馬の連対率が高いのは当然として、今走で3~5番人気の中でも「前走で不人気だった馬」の方が、勝率・連対率・回収率、ともに優れています。中でも回収率は120%を超えており、同じ中穴狙いでも”前走では全くの人気薄”の方が狙い目になります。

前走より人気になっているということですから、それなりに勝てる要因があると判断されているんですね。にもかかわらず人気馬になっていないので、マークされることなく逃げ切ったり前目のまま押し切ったりすることが多いのでしょう。

前走が6番人気以下で今回が3~5番人気の馬に該当する馬がいれば、それは穴候補の筆頭になります。確率的にはやっぱり人気馬の方が連対率は高いので、人気馬と絡めた馬券にすると楽しみです。

阪神競馬場 芝1200mの距離短縮・距離延長ごとの傾向

前走のレースで走った距離が、1200mよりも長い距離(1400m以上)だったのか?(つまり距離短縮)、それとも1200mよりも短い距離(1000m以下)だったのか?(つまり距離延長)または、前走も同距離(1200m)だったのか?

それぞれのパターンごとに、勝率・連対率・3着内率・単勝回収率の観点から分析した結果です。

阪神芝1200mにおける、前走との距離変化による結果
前走→今走 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
距離短縮 18-23-14-245 6.0% 14% 18% 65%
同距離 56-51-61-592 7.4% 14% 22% 50%
距離延長 3-3-3-31 7.5% 15% 23% 73%

阪神芝1200mの前走距離ごとの傾向

結果としては距離延長(前走で1000m)の成績が良いのですが、これは数が少なすぎるのであまり参考にはなりません。

距離短縮と同距離を比較しても、それほど大きな差はみられません。したがって阪神の芝1200m戦では、前走で使ってきた距離はあまり気にしなくても良さそうです。(もちろん、大きく距離が異なる場合は要注意です!)

阪神芝1200mの傾向まとめ

阪神芝1200mの傾向のまとめです。

  • 有利な枠は2枠、逆に不利な枠は1枠と3枠
  • 逃げ・先行が有利
  • ミドルペースになりやすい
  • 前走が6番人気以下で今回が3~5番人気の馬が穴をあけやすい
  • 前走の距離はあまり気にしなくて良い

これらのレース傾向と、隠れた実力馬がひと目で分かる! 能力指数サービスとを組み合わせることで、人気に惑わされずに期待値の高い(穴馬だけど勝つ可能性の高い)馬を見つけられるようになりますよ。

LINEで送る
Pocket

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる