中山競馬場 芝1200mの傾向や有利不利

LINEで送る
Pocket

このページでは、中山芝1200mの過去5年間分ものレース傾向を徹底分析し、
  有利な枠有利な脚質があるかどうか?
  狙うは人気馬か穴馬か、それとも?!
  また、どんなペースになりやすい傾向なのか?
などを調べた結果をまとめています。

中山競馬場 芝1200mで行われる代表的なレースには、スプリンターズステークス(GI)、オーシャンステークス(GIII) などがあります。

中山競馬場 芝1200m コース紹介

スプリンターズステークスが行われる中山芝1200mは内回りで行われます。スタート地点は第2コーナー出口付近で、ゆるやかなカーブに沿って500メートルほど続く下り坂を駆け抜けます。勝負どころの第3コーナー終わりから第4コーナーにかけては平坦ですが、それまでよりもカーブがきつくなっていて、あまり飛ばすと直線で大外を回らされることになるので要注意です。

そしてゴール前200メートル地点からは有名な中山の急坂が待っています。高低差は2.2メートル、最大勾配は2.24%という難所です。最後までバテずにスピードを保っていられるか?が勝負の分かれ目になるコースです。

なおこの分析対象レースからは、出走馬の能力差で勝ち負けになってしまうような、2歳戦や新馬戦・未出走戦は除外しています。

中山競馬場 芝1200mの標準タイム(クラスごと)

クラスごとに勝ち馬の標準タイム(勝ち時計)を紹介します。過去5年間に良馬場で行われたレースでの勝ちタイムの平均です。

平均タイムを知ることで、どのあたりのクラスまで通用しそうか?がある程度推測できますね。

中山芝1200mの走破タイム
クラス 平均タイム 80%範囲
新馬 1:10:3 1:09:4 ~ 1:11:2
未勝利 1:09:6 1:09:1 ~ 1:10:1
500万下 1:09:0 1:08:3 ~ 1:09:7
1000万下 1:08:7 1:08:2 ~ 1:09:3
1600万下 1:08:3 1:07:7 ~ 1:08:9
オープン 1:08:6 1:07:6 ~ 1:09:5
重賞 1:07:8 1:07:4 ~ 1:08:2

統計上80%の確率でこの範囲に収まる

注釈にも書いていますが、この範囲を超えたタイムを出した馬は(馬場状態にもよりますが))かなりの実力があると見て良いでしょう。

中山競馬場 芝1200mの枠ごとの有利不利

過去5年間における枠番ごとの成績を分析し、有利な枠や不利な枠を調べた結果です。

中山芝1200mで有利な枠番
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1 13-17-9-151 6.8% 16% 21%
2 11-13-10-166 5.5% 12% 17%
3 8-22-15-160 3.9% 15% 22%
4 14-14-13-171 6.6% 13% 19%
5 13-14-14-175 6.0% 13% 19%
6 24-12-19-162 11% 17% 25%
7 9-9-14-186 4.1% 8.3% 15%
8 17-9-15-178 7.8% 12% 19%

中山芝1200mの枠による有利不利

ずいぶんとガタガタしたグラフになりましたね。特徴的なのは6枠と7枠です。勝率・連対率・3着内率の全てにおいて勝っているのが6枠ですので、6枠が有利と言っても過言ではないでしょう。逆に7枠はほぼすべてが最低で、もっとも不利な枠と言えそうです。

それ以外は内枠・外枠で大きな差は見られませんでした。中山芝1200mは6枠が有利で7枠が不利な傾向となっています。

中山競馬場 芝1200mのペース傾向

過去5年間における全レースのペース傾向を分析し、ハイペース、スローペース、ミドルペースのどのパターンが最も多いのか?を調べた結果です。

中山芝1200mのペース傾向
レース数 Hペース Mペース Sペース
109 50% 42% 8%

中山芝1200mのペース傾向

芝の短距離ということなのでガンガンハイペースになるかと予想されましたが、意外にもハイペースになる確率は50%しかありません。ミドルペースに落ち着く場合も40%以上ありますので、中山芝1200mはハイペースと普通ペースになるのは半々くらい、と考えておきましょう。

逆にスローペースになることはほとんどありません。まあそうでしょうね、、、

中山競馬場 芝1200mで有利な脚質

過去5年間におけるレースにおいて、脚質ごとの傾向を勝率・連対率・回収率の観点から分析した結果です。

他サイトでよく出ているのは「レース結果としての脚質」が多いですが、ここで紹介している脚質はレースを走る前のその馬の脚質なので、予想するときの参考にしやすいと思います。

中山芝1200mで有利な脚質
脚質 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
逃げ 10-7-2-114 7.5% 13% 14% 70%
先行 58-57-58-491 8.7% 17% 26% 106%
差し 32-37-34-506 5.3% 11% 17% 66%
追込 9-9-15-238 3.3% 6.6% 12% 24%

中山芝1200mの有利な脚質

グラフを見て一目瞭然ですね。中山芝1200mは圧倒的に先行馬有利のコースとなっています。勝率・連対率・3着内率、そして単勝回収率の全てにおいて他を凌駕しています。狙うべきは先行馬です。

次に逃げ馬ですが、勝率は先行馬にやや劣る程度ですが連対率、3着内率となるにつれて先行脚質の成績よりも大きく下がってしまっています。3着内率に至っては差し馬よりも下ですね。

これはつまり、逃げ馬は「逃げ切って勝つか凡走か」のどちらかになるということを意味しています。中軸に据えるにはちょっと心もとないでしょう。

また小回りの短距離レースですから、追い込み馬が圧倒的に不利という結論には納得できますね。それと同様に、差し馬もイマイチな結果となっています。後方に位置する馬は積極的に狙わないほうが良いでしょう。

中山競馬場 芝1200mの人気ごとの回収率

穴馬を発見するために本当に大切なのは、「前走の人気」と「今走の人気」の両方です。いつでも人気なのか?前走は人気だったけど今回は不人気なのか?逆に、前走は不人気でも今走で人気なのか?

人気がどう変わったのかを調べることで、穴馬を発見できることも多いです。特に「前走人気→今走中穴」のパターンなど、実力はあるのに過小評価されているときこそ狙い目です。

ここでは、それぞれの人気変化のパターンごとに、勝率・連対率・単勝回収率の観点から分析しました。

中山芝1200mにおける人気変化ごとの連対率と回収率
前走→今走 成績 勝率 連対率 単勝回収率
人気→人気 30-21-9-46 28% 48% 85%
人気→中穴 6-7-6-48 9.0% 19% 61%
人気→大穴 3-3-5-59 4.3% 8.6% 231%
中穴→人気 15-8-9-38 21% 33% 77%
中穴→中穴 10-13-13-77 8.8% 20% 68%
中穴→大穴 5-5-8-123 3.5% 7.1% 103%
大穴→人気 7-10-5-20 17% 40% 70%
大穴→中穴 11-11-18-103 7.7% 15% 55%
大穴→大穴 22-32-35-813 2.4% 6.0% 66%

※人気=1~2番人気、中穴=3~5番人気、大穴=6番人気以下

中山芝1200mの人気変化ごとの傾向(連対率)

中山芝1200mの人気変化ごとの傾向(回収率)

まず最初は一番目の連対率のグラフから見てみましょう。前走も今走も人気の馬が連対率48%となっていて、人気馬が強いコースになっているようです。反対に6番人気以下のグループは連対率が10%にも満たずなかなか勝ち切るのは難しそうです。

次に単勝回収率のグラフを見てみます。ひとつだけ飛び抜けて高いものがありますが、これはデータ数が少ないためあまり参考にはなりません。それ以外だと「中穴→大穴」も回収率が100%を超えていますが、これも勝ち鞍が5レースだけなのでちょっと信頼性に欠けます。

こうしてみると安定して回収率が高いのはやはり「前走で1~2番人気、今走も1~2番人気」が85%となっています。期待値が80%なのでやや有利ということですね。中山芝1200mでは、前走も今走も人気の馬を中心に馬券を検討するのが良いでしょう。

中山競馬場 芝1200mの距離短縮・距離延長ごとの傾向

前走のレースで走った距離が、1200mよりも長い距離(1400m以上)だったのか?(つまり距離短縮)、それとも1200mよりも短い距離(1000m以下)だったのか?(つまり距離延長)または、前走も同距離(1200m)だったのか?

それぞれのパターンごとに、勝率・連対率・3着内率・単勝回収率の観点から分析した結果です。

当たり前ですが全体的には、前走も同距離を走っていた馬の方が良い成績を収めています。
しかしコースによっては距離短縮の方が良かったり(前走はもっと長い距離を使ってきた)、またその逆もあるので非常に興味深い分析内容になっています。

分析した結果このような傾向になっていました。

中山芝1200mにおける、前走との距離変化による結果
前走→今走 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
距離短縮 26-28-17-321 6.6% 14% 18% 86%
同距離 76-80-90-970 6.2% 13% 20% 69%
距離延長 7-2-2-49 12% 15% 18% 164%

中山芝1200mの前走距離ごとの傾向

1200mという短距離戦なので、そもそも距離延長となるパターンは少なくあまりアテになりません。

距離短縮と同距離とですが、勝率、連対率、3着内率、ともに大きな違いは見られません。若干だけ、3着内率は前走同距離の方が上回っているかな、という程度でしょう。

単勝回収率を見てみると、距離短縮の方が86%と高くなっています。そうなると、前走も1200mを使ってきた馬よりも前走で1400mを使った馬のほうが馬券的にはおいしいかもしれません。中山芝1200mは前走で1400mをステップにしてきた馬から検討しましょう。

中山芝1200mの傾向まとめ

中山競馬場 芝1200mの傾向のまとめです。

  • 6枠が有利で7枠が不利
  • ハイペースとミドルペースがだいたい同じ程度
  • 先行脚質が圧倒的に有利
  • 前走も今走も1~2番人気
  • 前走距離が1400mを使っている

これらのレース傾向と、隠れた実力馬がひと目で分かる! 能力指数サービスとを組み合わせることで、人気に惑わされずに期待値の高い(穴馬だけど勝つ可能性の高い)馬を見つけられるようになりますよ。

LINEで送る
Pocket

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる