東京競馬場 ダート1600mの傾向や有利不利

LINEで送る
Pocket

このページでは、東京ダート1600mの過去5年間分ものレース傾向を徹底分析し、
  有利な枠有利な脚質があるかどうか?
  狙うは人気馬か穴馬か、それとも?!
  また、どんなペースになりやすい傾向なのか?
などを調べた結果をまとめています。

東京競馬場 ダート1600mで行われる代表的なレースには、フェブラリーステークス(GI)、武蔵野ステークス(GIII)、ユニコーンステークス(GIII) などがあります。

東京競馬場 ダート1600m コース紹介

左回りで行われる東京競馬場。ダートコース1600mのスタート地点は第2コーナー付近に引き込まれており、最初の100mほどは芝になっています。スタートして500mくらいは直線なので、枠順による有利、不利は少ないという印象があります。

最後の直線は、芝コース同様ダートも500m以上あり、ゴール前200m地点までは上り坂が続きます。中山や阪神に比べると勾配自体はなだらかでも、高低差が2mにもなるこの直線の坂をいかに攻略するか、が鍵となってくるでしょう。

なおこの分析対象レースからは、出走馬の能力差で勝ち負けになってしまうような、2歳戦や新馬戦・未出走戦は除外しています。

東京競馬場 ダート1600mの標準タイム(クラスごと)

クラスごとに勝ち馬の標準タイム(勝ち時計)を紹介します。過去5年間に良馬場で行われたレースでの勝ちタイムの平均です。

平均タイムを知ることで、どのあたりのクラスまで通用しそうか?がある程度推測できますね。

東京ダート1600mの走破タイム
クラス 平均タイム 80%範囲
新馬 1:40:0 1:39:2 ~ 1:40:9
未勝利 1:39:4 1:38:4 ~ 1:40:4
500万下 1:37:9 1:36:9 ~ 1:38:9
1000万下 1:37:1 1:36:2 ~ 1:37:9
1600万下 1:36:4 1:35:7 ~ 1:37:1
オープン 1:36:5 1:35:6 ~ 1:37:4
重賞 1:35:7 1:35:2 ~ 1:36:2

統計上80%の確率でこの範囲に収まる

注釈にも書いていますが、この範囲を超えたタイムを出した馬は(馬場状態にもよりますが))かなりの実力があると見て良いでしょう。

東京競馬場 ダート1600mの枠番ごとの有利不利

過去5年間における枠番ごとの成績を分析し、有利な枠や不利な枠を調べた結果です。

東京ダート1600mで有利な枠番
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1 23-61-97-662 3.0% 8.0% 13%
2 44-86-137-655 5.6% 11% 17%
3 63-103-163-664 7.6% 12% 20%
4 67-117-177-670 7.9% 14% 21%
5 65-134-181-685 7.5% 15% 21%
6 51-105-160-714 5.8% 12% 18%
7 58-136-196-681 6.6% 16% 22%
8 66-135-201-679 7.5% 15% 23%

東京ダート1600mの枠番による有利不利

もっとも勝率の高い枠は4枠でしたが、もっとも連対率の高い枠は7枠でした。

連対率や3着内率の方がより顕著な結果となりましたが、このグラフを見ても明らかなように東京ダート1600mは外枠がかなり有利な傾向にあると考えて間違いありません(外枠のうちなぜか6枠だけ成績が良くないですね、、、)

逆に内枠は全くダメですね。特に1枠の連対率は8枠の半分しかありません。東京ダート1600mでは、思い切って内枠の人気馬は外して外枠の穴馬で勝負すれば、大穴馬券が穫れるかもしれません。

東京競馬場 ダート1600mで有利な脚質

過去5年間におけるレースにおいて、脚質ごとの傾向を勝率・連対率・回収率の観点から分析した結果です。

他サイトでよく出ているのは「レース結果としての脚質」が多いですが、ここで紹介している脚質はレースを走る前のその馬の脚質なので、予想するときの参考にしやすいと思います。

東京ダート1600mはダートの短距離ということもあって、逃げや先行の脚質が多い傾向にありますね。

東京ダート1600mで有利な脚質
脚質 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
逃げ 31-53-81-314 7.8% 13% 21% 48%
先行 202-426-619-1720 8.6% 18% 26% 88%
差し 158-298-454-2072 6.3% 12% 18% 72%
追込 46-100-158-1304 3.1% 6.8% 11% 61%

東京ダート1600mの脚質ごとの傾向

もっとも連対率が高いのは、「先行」脚質でした。一方で差し馬の連対率は低く、あまり成績はよくありません。勝率が最も高かったのも先行脚質なので、東京ダート1600mでは先行の馬を中心に狙ってみると良いかもしれません。

最も単勝回収率が高いのも、「先行」脚質でした。これを見ても分かるように、やはり先行馬から買うのが無難なようです。
総じて差し・追い込み馬の成績はよくありません。直線の長い東京コースですが、逃げ馬と差し馬とで迷ったときは逃げ馬を選択するほうが賢明でしょう。

東京競馬場 ダート1600mのペース傾向

過去5年間における全レースのペース傾向を分析し、ハイペース、スローペース、ミドルペースのどのパターンが最も多いのか?を調べた結果です。

東京ダート1600mのペース傾向
レース数 Hペース Mペース Sペース
440 54% 41% 4%

東京ダート1600mのペース傾向

ダート戦ということもあり、結果は明らかにハイペース傾向になるという結果となりました。

逆に、スローペースになることはほとんどありませんでした。発生確率は5%にもなりません。東京ダート1600mでは、ほぼ確実にハイペースになると考えて間違いありません。

東京競馬場 ダート1600mの人気ごとの回収率

穴馬を発見するために本当に大切なのは、「前走の人気」と「今走の人気」の両方です。いつでも人気なのか?前走は人気だったけど今回は不人気なのか?逆に、前走は不人気でも今走で人気なのか?

人気がどう変わったのかを調べることで、穴馬を発見できることも多いです。特に「前走人気→今走中穴」のパターンなど、実力はあるのに過小評価されているときこそ狙い目です。

ここでは、それぞれの人気変化のパターンごとに、勝率・連対率・単勝回収率の観点から分析しました。

東京ダート1600mにおける人気変化ごとの連対率と回収率
前走→今走 成績 勝率 連対率 単勝回収率
人気→人気 134-226-283-161 30% 51% 87%
人気→中穴 33-75-125-232 9.2% 21% 69%
人気→大穴 4-23-39-263 1.3% 7.6% 31%
中穴→人気 57-115-152-139 20% 40% 61%
中穴→中穴 45-102-160-306 9.7% 22% 78%
中穴→大穴 21-44-87-589 3.1% 6.5% 101%
大穴→人気 41-55-76-55 31% 42% 115%
大穴→中穴 43-95-157-304 9.3% 21% 79%
大穴→大穴 53-133-219-3136 1.6% 4.0% 68%

※人気=1~2番人気、中穴=3~5番人気、大穴=6番人気以下

東京ダート1600mの人気変化ごとの傾向(連対率)

東京ダート1600mの人気変化ごとの傾向(回収率)

成績だけを見ればやはり人気どころの連対率が高く、穴馬は良い成績を残せていませんね。中でも「前走で1~2番人気、今走も1~2番人気」の馬の連対率は50%を超えているので、素直に人気馬から攻めていくのが良さそうです。

回収率を見てみると、当然ながら人気馬の回収率は低くなり80%前後に収束してしまいます。
しかしその中でも、「前走6番人気以下で、今走では1~2番人気」の回収率が115%と高い数値を叩き出しています。同じ人気馬でも、「前走では不人気だった」人気馬から買う方が回収率の面で有利になるという結果になりました。

東京競馬場 ダート1600mの距離短縮・距離延長ごとの傾向

前走のレースで走った距離が、1600mよりも長い距離(1800m以上)だったのか?(つまり距離短縮)、それとも1600mよりも短い距離(1400m以下)だったのか?(つまり距離延長)または、前走も同距離(1600m)だったのか?

それぞれのパターンごとに、勝率・連対率・3着内率・単勝回収率の観点から分析した結果です。

当たり前ですが全体的には、前走も同距離を走っていた馬の方が良い成績を収めています。
しかしコースによっては距離短縮の方が良かったり(前走はもっと長い距離を使ってきた)、またその逆もあるので非常に興味深い分析内容になっています。

分析した結果このような傾向になっていました。

東京ダート1600mにおける、前走との距離変化による結果
前走→今走 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
距離短縮 160-346-512-2153 6.0% 13% 19% 77%
同距離 232-413-620-1824 9.5% 17% 25% 100%
距離延長 44-114-173-1315 3.0% 7.7% 12% 35%

東京ダート1600mの前走距離ごとの傾向

距離短縮になる出走馬と同一距離になる出走馬の数は同じくらいでしたが、結果は一目瞭然でした。前走も同一距離を走ってきた競走馬の方が、勝率・連対率、3着内率、回収率、すべてにおいて上回っています。東京ダート1600mでは奇をてらわずに、素直に前走もダート1600mを使ってきた馬から買うのが良さそうです。

東京ダート1600mの傾向まとめ

東京ダート1600mの傾向のまとめです。

  • 枠順は外枠有利。内枠はかなり不利
  • 先行脚質が有利。逃げと差しで迷ったら逃げ馬
  • スローになることは皆無で、ハイペースになりやすい
  • 前走で6番人気以下、今走で1~2番人気の回収率が高い
  • 前走も1600mを使った馬が有利

これらのレース傾向と、隠れた実力馬がひと目で分かる! 能力指数サービスとを組み合わせることで、人気に惑わされずに期待値の高い(穴馬だけど勝つ可能性の高い)馬を見つけられるようになりますよ。

LINEで送る
Pocket

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる