東京競馬場 ダート1400mの傾向や有利不利

LINEで送る
Pocket

このページでは、東京ダート1400mの過去5年間分ものレース傾向を徹底分析し、
  有利な枠有利な脚質があるかどうか?
  狙うは人気馬か穴馬か、それとも?!
  また、どんなペースになりやすい傾向なのか?
などを調べた結果をまとめています。

東京競馬場 ダート1400mで行われる代表的なレースには、根岸ステークス(GIII) などがあります。

東京競馬場 ダート1400m コース紹介

左回りで行われる東京ダート1400mのスタート地点は向正面の入り口付近にあります。スタートして200mほどでゆるやかな上り坂となり、それを超えると3コーナーまでゆるやかな下り坂なので、割と先行争いが激しくなる印象です。

ダートコースですが東京競馬場ということもあって直線は500m以上あり、さらに残り400m地点から急な上り坂が待ち受けています。直線の長さと急坂の克服がカギとなっていて、スピード一本だけで勝ち切ることは難しく短距離の割にはタフなコースです。

なおこの分析対象レースからは、出走馬の能力差で勝ち負けになってしまうような、2歳戦や新馬戦・未出走戦は除外しています。

東京競馬場 ダート1400mの標準タイム(クラスごと)

クラスごとに勝ち馬の標準タイム(勝ち時計)を紹介します。過去5年間に良馬場で行われたレースでの勝ちタイムの平均です。

平均タイムを知ることで、どのあたりのクラスまで通用しそうか?がある程度推測できますね。

東京ダート1400mの走破タイム
クラス 平均タイム 80%範囲
新馬 1:26:8 1:25:7 ~ 1:27:9
未勝利 1:26:6 1:25:8 ~ 1:27:3
500万下 1:25:3 1:24:6 ~ 1:26:0
1000万下 1:24:5 1:23:8 ~ 1:25:1
1600万下 1:24:0 1:23:4 ~ 1:24:6
オープン 1:23:4 1:22:7 ~ 1:24:1
重賞 1:23:0 1:23:0 ~ 1:23:0

統計上80%の確率でこの範囲に収まる

注釈にも書いていますが、この範囲を超えたタイムを出した馬は(馬場状態にもよりますが))かなりの実力があると見て良いでしょう。

東京競馬場 ダート1400mの枠ごとの有利不利

過去5年間における枠番ごとの成績を分析し、有利な枠や不利な枠を調べた結果です。

東京ダート1400mで有利な枠番
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1 36-34-43-611 5.0% 9.7% 16%
2 46-34-45-618 6.2% 11% 17%
3 43-63-47-599 5.7% 14% 20%
4 41-56-47-612 5.4% 13% 19%
5 49-55-47-611 6.4% 14% 20%
6 60-42-53-609 7.9% 13% 20%
7 54-52-43-615 7.1% 14% 20%
8 52-47-56-609 6.8% 13% 20%

東京ダート1400mの枠による有利不利

このグラフを見てわかるように、顕著な傾向が見て取れますね。どれもキレイ右肩上がりとなっていて、東京ダート1400mは外枠がかなり有利な傾向にあると考えて間違いありません。

反対に内枠には厳しい結果となりました。人気馬が内枠に入ったときは思い切って消したほうが、トータルで見たときに回収率は上がると思います。

東京競馬場 ダート1400mのペース傾向

過去5年間における全レースのペース傾向を分析し、ハイペース、スローペース、ミドルペースのどのパターンが最も多いのか?を調べた結果です。

東京ダート1400mのペース傾向
レース数 Hペース Mペース Sペース
382 41% 57% 2%

東京ダート1400mのペース傾向

ダートの短距離戦なのでやはり、結果はミドルペースになる確率が最も高かったですが、全体的な傾向としてハイペースになりやすいと思われます。

逆に、スローペースになることはほとんどありませんでした。東京ダート1400mでは、ほとんどミドルペースかハイペースになると考えて良いでしょう。

東京競馬場 ダート1400mで有利な脚質

過去5年間におけるレースにおいて、脚質ごとの傾向を勝率・連対率・回収率の観点から分析した結果です。

他サイトでよく出ているのは「レース結果としての脚質」が多いですが、ここで紹介している脚質はレースを走る前のその馬の脚質なので、予想するときの参考にしやすいと思います。

東京ダート1400mはダートの短距離ということもあって、逃げや先行の脚質が多い傾向にありますね。

東京ダート1400mで有利な脚質
脚質 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
逃げ 23-21-24-225 7.8% 15% 23% 70%
先行 172-170-143-1649 8.1% 16% 23% 76%
差し 137-147-151-1940 5.8% 12% 18% 72%
追込 49-45-63-1070 4.0% 7.7% 13% 49%

東京ダート1400mの有利な脚質

先行と逃げが同じくらいの連対率となりましたが、もっとも連対率が高いのは、先行脚質でした。一方で差し馬の連対率は低く、あまり成績はよくありません。勝率が最も高かったのも先行脚質なので、東京ダート1400mでは先行の馬を中心に狙ってみると良いかもしれません。

最も単勝回収率が高いのも、先行脚質でした。これを見ても分かるように、やはり先行馬から買うのが無難なようです。

東京競馬場 ダート1400mの人気ごとの回収率

穴馬を発見するために本当に大切なのは、「前走の人気」と「今走の人気」の両方です。いつでも人気なのか?前走は人気だったけど今回は不人気なのか?逆に、前走は不人気でも今走で人気なのか?

人気がどう変わったのかを調べることで、穴馬を発見できることも多いです。特に「前走人気→今走中穴」のパターンなど、実力はあるのに過小評価されているときこそ狙い目です。

ここでは、それぞれの人気変化のパターンごとに、勝率・連対率・単勝回収率の観点から分析しました。

東京ダート1400mにおける人気変化ごとの連対率と回収率
前走→今走 成績 勝率 連対率 単勝回収率
人気→人気 105-64-50-165 27% 44% 79%
人気→中穴 36-28-28-173 14% 24% 109%
人気→大穴 4-14-4-192 1.9% 8.4% 45%
中穴→人気 61-37-36-117 24% 39% 85%
中穴→中穴 32-51-44-281 7.8% 20% 61%
中穴→大穴 24-22-37-467 4.4% 8.4% 86%
大穴→人気 30-18-11-65 24% 39% 93%
大穴→中穴 33-61-52-308 7.3% 21% 61%
大穴→大穴 53-85-113-2920 1.7% 4.4% 62%

※人気=1~2番人気、中穴=3~5番人気、大穴=6番人気以下

東京ダート1400mの人気変化ごとの傾向(連対率)

東京ダート1400mの人気変化ごとの傾向(回収率)

まず連対率から見ていきましょう。今走で人気の馬は、前走の人気に関わらず似たような連対率となっていますね。この傾向は3~5番人気も同様です。つまり人気馬がコケるケースが少ないということなので、比較的人気通りに決まりやすいと考えられます。

次に単勝回収率を見てみます。注目すべきは「前走で1~2番人気だったが、今走で人気を落として3~5番人気になった馬」です。回収率は109%にもなります。前走で中心馬になるくらいの実力はあるが、色々な要因で人気を落としたケースと考えられます。穴をあけるとしたらこういうケースかもしれませんね。

逆に「前走で6番人気以下、今走で1~2番人気」も回収率は93%と比較的高いです。”押し出された1番人気”のようなケースかもしれません。実力が不安視されてオッズは高めになるが、結局勝ってしまったというケースが想像されます。こいうケースも要注意です。

東京競馬場 ダート1400mの距離短縮・距離延長ごとの傾向

前走のレースで走った距離が、1400mよりも長い距離(1600m以上)だったのか?(つまり距離短縮)、それとも1400mよりも短い距離(1200m以下)だったのか?(つまり距離延長)または、前走も同距離(1400m)だったのか?

それぞれのパターンごとに、勝率・連対率・3着内率・単勝回収率の観点から分析した結果です。

当たり前ですが全体的には、前走も同距離を走っていた馬の方が良い成績を収めています。
しかしコースによっては距離短縮の方が良かったり(前走はもっと長い距離を使ってきた)、またその逆もあるので非常に興味深い分析内容になっています。

分析した結果このような傾向になっていました。

東京ダート1400mにおける、前走との距離変化による結果
前走→今走 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
距離短縮 98-75-88-1248 6.5% 11% 17% 81%
同距離 207-220-187-1903 8.2% 17% 24% 77%
距離延長 74-87-102-1611 3.9% 8.6% 14% 46%

東京ダート1400mの前走距離ごとの傾向

概ね他のコースと似たような傾向となりました。当然といえば当然ですが、前走も同じ1400mを使ってきた馬がもっとも好成績を収めていることが分かります。

注意すべきは前走で1600mを使ってきた馬ですね。単勝回収率が81%と他よりも高くなっています。穴をあけるとしたら距離短縮に該当する馬です。逆に距離延長となるような、前走で1200mを使った馬は成績が悪いです。実力が拮抗している中でこういう馬が人気になっていた場合は、思い切って消した方がいいかもしれません。

東京ダート1400mの傾向まとめ

東京ダート1400mの傾向のまとめです。

  • 明らかに外枠が有利。内枠は不利
  • ミドルペースが最も多く、次にハイペース
  • 先行脚質が好成績
  • 人気通りに決まりやすい
  • 前走も同一距離を使ってきた馬

これらのレース傾向と、隠れた実力馬がひと目で分かる! 能力指数サービスとを組み合わせることで、人気に惑わされずに期待値の高い(穴馬だけど勝つ可能性の高い)馬を見つけられるようになりますよ。

LINEで送る
Pocket

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる