東京競馬場 芝1800mの傾向や有利不利

LINEで送る
Pocket

このページでは、東京芝1800mの過去5年間分ものレース傾向を徹底分析し、
  有利な枠有利な脚質があるかどうか?
  狙うは人気馬か穴馬か、それとも?!
  また、どんなペースになりやすい傾向なのか?
などを調べた結果をまとめています。

東京競馬場 芝1800mで行われる代表的なレースには、毎日王冠(GII)、アイルランドトロフィー府中牝馬(GII)、エプソムカップ(GIII) などがあります。

東京競馬場 芝1800m コース紹介

スタート地点は第2コーナーに向かって斜めにスタートするレイアウトになっていて、すぐにコーナーに差し掛かることから外枠が不利という印象があります。向正面の中程から高低差が約2メートルあるコブのような丘を通り抜けるともう第4コーナーです。

府中の直線は525メートルもあって、直線に向いてすぐに2メートルの坂を駆け上ります。ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦です。前半はややスローになることが多く、概ね上がり勝負になりやすいコースです。

なおこの分析対象レースからは、出走馬の能力差で勝ち負けになってしまうような、2歳戦や新馬戦・未出走戦は除外しています。

東京競馬場 芝1800mの標準タイム(クラスごと)

クラスごとに勝ち馬の標準タイム(勝ち時計)を紹介します。過去5年間に良馬場で行われたレースでの勝ちタイムの平均です。

平均タイムを知ることで、どのあたりのクラスまで通用しそうか?がある程度推測できますね。

東京芝1800mの走破タイム
クラス 平均タイム 80%範囲
新馬 1:50:8 1:49:3 ~ 1:52:3
未勝利 1:48:8 1:47:3 ~ 1:50:3
500万下 1:48:0 1:46:6 ~ 1:49:3
1000万下 1:47:7 1:46:2 ~ 1:49:3
1600万下 1:46:7 1:45:4 ~ 1:48:0
オープン 1:47:1 1:45:3 ~ 1:48:8
重賞 1:46:6 1:45:1 ~ 1:48:1

統計上80%の確率でこの範囲に収まる

注釈にも書いていますが、この範囲を超えたタイムを出した馬は(馬場状態にもよりますが))かなりの実力があると見て良いでしょう。

東京競馬場 芝1800mの枠ごとの有利不利

過去5年間における枠番ごとの成績を分析し、有利な枠や不利な枠を調べた結果です。

東京芝1800mで有利な枠番
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1 27-48-73-218 9.3% 16% 25%
2 24-41-66-234 8.0% 14% 22%
3 25-46-66-249 7.9% 15% 21%
4 29-64-82-250 8.7% 19% 25%
5 10-36-62-280 2.9% 11% 18%
6 25-57-85-285 6.8% 15% 23%
7 28-48-72-353 6.6% 11% 17%
8 30-56-89-355 6.8% 13% 20%

東京芝1800mの枠による有利不利

スタート地点の位置関係から外枠が不利という印象でしたが、むしろ内枠が有利な傾向と言えそうです。今度は内枠(1~4枠)と外枠(5~8枠)の2つに分けて分析してみましょう。

東京芝1800mを内枠と外枠に分けて分析
成績 勝率 連対率 3着内率
内枠(1~4枠) 105-199-287-647 16.2% 31% 44%
外枠(5~8枠) 93-89-197-308 9.5% 20% 31%

もう一目瞭然ですね。圧倒的に内枠が有利で、およそ1.5倍くらいの差がついてしまっています。東京芝1800mは内枠が有利と断言できます。

それ以外には、中枠で後入れとなる偶数枠の4枠・6枠も有利といえますね。内枠の馬を見ながらコース取りが出来て、さらに後入れなのでストレスが溜まるリスクも低く、良いポジションが取りやすいのかもしれません。

東京競馬場 芝1800mのペース傾向

過去5年間における全レースのペース傾向を分析し、ハイペース、スローペース、ミドルペースのどのパターンが最も多いのか?を調べた結果です。

東京芝1800mのペース傾向
レース数 Hペース Mペース Sペース
199 3% 27% 70%

東京芝1800mのペース傾向

冒頭のコース紹介でも解説した通り、やはりスローペースになる傾向のようです。ミドルペースになる確率が30%を切っていますから、もうほぼ確実にスローペースになると思って間違いありません。

そしてハイペースになることはほとんどありません。たったの3%です。東京芝1800mはスローペースの上がり勝負と考えて予想を組み立てましょう。

東京競馬場 芝1800mで有利な脚質

過去5年間におけるレースにおいて、脚質ごとの傾向を勝率・連対率・回収率の観点から分析した結果です。

他サイトでよく出ているのは「レース結果としての脚質」が多いですが、ここで紹介している脚質はレースを走る前のその馬の脚質なので、予想するときの参考にしやすいと思います。

東京芝1800mで有利な脚質
脚質 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
逃げ 11-16-30-109 7.9% 12% 22% 192%
先行 79-157-225-647 9.1% 18% 26% 78%
差し 86-176-266-959 7.0% 14% 22% 53%
追込 22-47-74-509 3.8% 8.1% 13% 34%

東京芝1800mの有利な脚質

東京コースは直線が長いので差し・追い込みが決まりやすいという印象があります。しかしこれを見て分かるように、少なくとも芝1800mのレースでは先行馬が有利であることは明白です。

逃げ馬は、勝率こそ先行馬に肉薄していますが、連対率・3着内率は大きく差をつけられていますね。おそらく最後の最後で差し切られてしまうのかもしれません。

しかし逃げ馬の単勝回収率はなんと驚異の195%!スローペースになりやすいという傾向がありましたから、直線で粘り強くいけば高配当が狙えそうです。

結論としては、東京芝1800mは逃げ・先行馬を中心に予想を組み立てましょう。

東京競馬場 芝1800mの人気ごとの回収率

穴馬を発見するために本当に大切なのは、「前走の人気」と「今走の人気」の両方です。いつでも人気なのか?前走は人気だったけど今回は不人気なのか?逆に、前走は不人気でも今走で人気なのか?

人気がどう変わったのかを調べることで、穴馬を発見できることも多いです。特に「前走人気→今走中穴」のパターンなど、実力はあるのに過小評価されているときこそ狙い目です。

ここでは、それぞれの人気変化のパターンごとに、勝率・連対率・単勝回収率の観点から分析しました。

東京芝1800mにおける人気変化ごとの連対率と回収率
前走→今走 成績 勝率 連対率 単勝回収率
人気→人気 59-97-124-77 29% 48% 86%
人気→中穴 20-43-68-110 11% 24% 81%
人気→大穴 2-8-15-84 2.0% 8.1% 25%
中穴→人気 30-51-69-63 23% 39% 85%
中穴→中穴 24-51-80-133 11% 24% 83%
中穴→大穴 11-28-44-275 3.4% 8.8% 63%
大穴→人気 12-20-32-26 21% 34% 66%
大穴→中穴 21-38-60-135 11% 19% 93%
大穴→大穴 16-55-95-1254 1.2% 4.1% 49%

※人気=1~2番人気、中穴=3~5番人気、大穴=6番人気以下

東京芝1800mの人気変化ごとの傾向(連対率)

東京芝1800mの人気変化ごとの傾向(回収率)

やはり人気馬の成績が良いですね。前走も今走も人気だった馬は、3着以内に入ってくる確率が80%もあります。今走で人気の馬は概ね良い結果となっているので、人気にはあまり逆らわない方が良いでしょう。

回収率を見てみると、どれも似たような分布になっていることが分かります。ガチガチの本命サイドばかりではなく、かといって大穴が多いわけでもなく、標準的な配当が多いように感じます。

あえて狙うならば、今走で3~5番人気の中穴の馬がおすすめ。前走人気が低くなるにしたがって単勝回収率も上がっており、穴党にはピッタリかもしれません。

東京競馬場 芝1800mの距離短縮・距離延長ごとの傾向

前走のレースで走った距離が、1800mよりも長い距離(2000m以上)だったのか?(つまり距離短縮)、それとも1800mよりも短い距離(1600m以下)だったのか?(つまり距離延長)または、前走も同距離(1800m)だったのか?

それぞれのパターンごとに、勝率・連対率・3着内率・単勝回収率の観点から分析した結果です。

当たり前ですが全体的には、前走も同距離を走っていた馬の方が良い成績を収めています。
しかしコースによっては距離短縮の方が良かったり(前走はもっと長い距離を使ってきた)、またその逆もあるので非常に興味深い分析内容になっています。

分析した結果このような傾向になっていました。

東京芝1800mにおける、前走との距離変化による結果
前走→今走 成績 勝率 連対率 3着内率 単勝回収率
距離短縮 69-146-227-740 7.1% 15% 23% 67%
同距離 84-155-234-786 8.2% 15% 23% 76%
距離延長 44-93-130-657 5.6% 12% 17% 42%

東京芝1800mの前走距離ごとの傾向

距離延長となるグループの成績がパッとしません。前走でマイル以下だった馬は馬券から除外した方が良さそうです。単勝回収率も悪いですね。

距離短縮と同一距離とを比べてみると、ほぼ変わらない成績となっています。前走で2000m以上というとおそらくスローペースだったと思われるので、スローになりやすい東京芝1800mでは、前走の距離が長くても対応しやすいのかもしれません。

東京芝1800mでは、前走で1600m以下を使ってきた馬は馬券から除外しましょう。

東京芝1800mの傾向まとめ

東京芝1800mの傾向のまとめです。

  • 内枠が有利で外枠は不利
  • 70%の確率でスローペースになる
  • 先行馬が有利。穴狙いなら逃げ馬
  • 今走が3~5番人気の中穴の馬がおすすめ
  • 前走で1600m以下を使ってきた馬は外す

これらのレース傾向と、隠れた実力馬がひと目で分かる! 能力指数サービスとを組み合わせることで、人気に惑わされずに期待値の高い(穴馬だけど勝つ可能性の高い)馬を見つけられるようになりますよ。

LINEで送る
Pocket

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる