Posts Tagged ‘2018年’

JBCクラシック 2018 調教タイム・追い切り情報

JBCクラシック 2018の調教タイムを公開中!

今週はJBC3競争のひとつ、JBCクラシック(ダート1900m / Jpn1)が京都競馬場で開催されます。

今年のJBCクラシックにはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではJBCクラシック 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、京都競馬場 ダート1900mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

JBCクラシック2018には、帝王賞・川崎記念に続くJpnI 3勝目をもくろむ一番人気候補のケイティブレイブ、ジャパンダートダービーで2着、その後のシリウスステークスを制したオメガパフューム、フェブラリーステークスを制したノンコノユメ、東海ステークスを勝ったテイエムジンソク、去年のJBCクラシックの勝ち馬サウンドトゥルー、今回のレースと同じ京都ダート1900mの平安ステークスを勝っているサンライズソア、その他にもクリソライト、センチュリオン などが出走予定です。

JBCクラシック 2018 調教タイム・追い切り情報はこちら >>>

JBCスプリント 2018 調教タイム・追い切り情報

JBCスプリント 2018の調教タイムを公開中!

今週は、JBC3競争のひとつJBCスプリント(ダート1200m / Jpn1)が京都競馬場で開催されます。

2018年のJBCスプリントにはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではJBCスプリント2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、京都競馬場 ダート1200mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

今年のJBCスプリントには、東京盃競走は惜敗したがその前のプロキオンステークスでは5馬身差の圧勝だったマテラスカイ、スプリンターズステークスで5着のレッツゴードンキ、東京盃競走を連覇した実力馬キタサンミカヅキ、昨年のコリアスプリントを勝ち、前走の東京盃競走で3着に入ったグレイスフルリープ、コリアスプリントを制したモーニン、高松宮記念で3着、キーンランドカップを勝ったスピード馬ナックビーナス、その他にもキングズガード、ニシケンモノノフ などが出走予定です。

JBCスプリント 2018 調教タイム・追い切り情報はこちら >>>

JBCレディスクラシック 2018 調教タイム・追い切り情報

JBCレディスクラシック2018の調教タイムを公開中!

今週はJBC3競争のひとつ、JBCレディスクラシック(ダート1800m / Jpn1)が京都競馬場で開催されます。

2018年のJBCレディスクラシックにはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではJBCレディスクラシック2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、京都競馬場 ダート1800mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

今年のJBCレディスクラシックには、ブリーダーズゴールドCで2着、その後のレディスプレリュードを制したプリンシアコメータ、レディスプレリュードでは1番人気で7着もそこからの巻き返しを図るクイーンマンボ、芝のローズステークスを勝つほどの実力があり、ダートのブリーダーズゴールドCも圧勝したラビットラン、重賞3勝の実績を持つアンジュデジール、ダートでは6戦5勝のリエノテソーロ、ダートは初挑戦も中山牝馬ステークスを逃げ切ったスピード馬カワキタエンカ、その他にもブランシェクール、サルサディオーネ などが出走予定です。

JBCレディスクラシック 2018 調教タイム・追い切り情報はこちら >>>

サウジアラビアロイヤルカップ 2018 調教タイム・追い切り情報

サウジアラビアロイヤルカップ 2018の調教タイムを公開中!

今週は、サウジアラビアロイヤルC(芝1600m)が東京競馬場で開催されます。

サウジアラビアロイヤルカップ2018にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではサウジアラビアロイヤルC 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、東京競馬場 芝1600mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

サウジアラビアロイヤルカップ 2018には、新馬戦を快勝したディープ産駒のグランアレグリア、アスター賞で2着のドラウプニル、新馬戦を最速の上がりタイムで差し切ったアマーティ、ジャスタウェイ産駒のシャドウエンペラー、その他にもセグレドスペリオル、サムシングジャスト、ドゴール などが出走予定です。

そのサウジアラビアロイヤルC 2018の舞台となる東京競馬場 芝1600mのコース特徴をご紹介します。

2コーナーにあるスタート地点から、3コーナーに真っすぐ向かっていくレイアウト。向正面半ばに上りがあり、その後3コーナーにかけて下っていく。最後の直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り(高低差2.0メートル)があり、ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦。

前半が速くなりやすく、坂を上った後にゴール前でもう一段末脚を伸ばすことが要求される。速い時計の決着になると、スプリンタータイプ、インを回ってくる馬が好走しやすく、逆に時計がかかるときには、末脚のしっかりしたタイプ、中距離型が好走しやすい。

それでは、サウジアラビアロイヤルカップ2018の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

サウジアラビアロイヤルカップ 2018 調教タイム・追い切り情報はこちら >>>

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる