今週レースの追い切り

LINEで送る
Pocket

中京記念 2018 調教タイム・追い切り情報

中京記念 2018の調教タイムを公開中!

今週は、中京記念(芝1600m)が中京競馬場で開催されます。

中京記念にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは中京記念 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

中京記念 2018には、悲願の重賞初制覇が期待されるグレーターロンドン、昨年の覇者でサマーマイルシリーズの王者ウインガニオン、ヴィクトリアマイルでは勝ち馬と0.7秒差だったワントゥワン、マイラーズC7着からの巻き返しなるかロジクライ、約2年のブランクを経て叩き2戦目で良化なるかスマートオーディン、去年の3着馬ブラックムーン、その他にもリライアブルエース、フロンティア などが出走予定です。

その中京記念 2018の舞台となる中京競馬場 芝1600mのコース特徴をご紹介します。

2コーナーに向かって斜めにスタートするレイアウトで、コース形態としては、東京・芝1800メートルに類似している。2コーナーまでの距離が短く、スタート後は外の馬が内に入ってくるため、馬群が密集することが多い。2コーナーからバックストレッチの半ばまでは緩やかな上りだが、3コーナー手前から直線の入り口にかけて緩やかな下りとなる。

直線距離は412.5メートルで、残り340メートル付近から約100メートル続く急坂が待ち受ける。どちらかと言うとスタミナを要求されるコースだが、距離のロスなくインを回ってきた馬が好走するケースも見られる。

中京記念 2018 の調教タイムは、7月20日(金)に更新する予定です。
それまでは直近連対時の追い切り内容と調教タイムを掲載しておきますので、ご参考にして下さい。

追い切り情報はこちら >>>

函館記念 2018 調教タイム・追い切り情報

函館記念 2018の調教タイムを公開中!

今週は、函館記念(芝2000m)が函館競馬場で開催されます。

函館記念にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは函館記念 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

函館記念 2018には、鳴尾記念で3着のトリコロールブルー、新潟大賞典の勝ち馬スズカデヴィアス、日経賞で3着に入ったサクラアンプルール、巴賞で1番人気も5着に破れたブレスジャーニー、重賞初制覇を狙うエアアンセム、巴賞を勝ったナイトオブナイツ、その他にもブラックバゴ、マイネルハニー などが出走予定です。

その函館記念 2018の舞台となる函館競馬場 芝2000mのコース特徴をご紹介します。

4コーナー奥のポケット(引き込み線)からスタート。スタート地点から1コーナーまでの距離は約450メートル。決勝線を過ぎてから1コーナーにかけて下り(高低差約1.7メートル)、さらに1コーナーから2コーナーにかけて緩やかに(高低差約0.6メートル)下っていく。2コーナーの半ばからバックストレッチ、3コーナー、4コーナーと緩やかに上っていき、4コーナーからゴール前(残り100メートル付近)まで緩やかに下って、最後の100メートルは平坦となる。

最後の直線は262.1メートル(Bコース使用時)。レース前半の下りでペースが速くなることが多いため、上がりがかかる展開になりやすく、最後は地力勝負となる。洋芝のタフな馬場を走り抜く馬力やパワーが重要となる。

それでは、函館記念 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

プロキオンステークス 2018 調教タイム・追い切り情報

プロキオンステークス 2018の調教タイムを公開中!

今週は、プロキオンステークス(ダート1400m)が中京競馬場で開催されます。

プロキオンステークスにはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではプロキオンステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

プロキオンステークス 2018には、昨年の勝ち馬キングズガード、武蔵野Sを勝ちフェブラリーSでも3着のインカンテーション、ドバイで行われたドバイゴールデンシャで5着に入ったマテラスカイ、交流重賞を2連勝中のサクセスエナジー、欅ステークスを勝ったドリームキラリ、オープン特別を2連勝中のウインムート、その他にもルグランフリソン、ドライヴナイト などが出走予定です。

そのプロキオンステークス 2018の舞台となる中京競馬場 ダート1400mのコース特徴をご紹介します。

中京のダートコースの中では、唯一芝からスタートするコース。スタートから約150メートル芝を走ってダートコースに入る。スタート地点から3コーナーまでの距離は約600メートルと非常に長い。向正面の半ばまで緩やかに上り、その後は4コーナー過ぎまで下っていく。

直線距離は410.7メートルで、直線に向いてすぐ約160メートルにわたり高低差約1.8メートルの急坂を上る。距離が長く、急坂の待ち受けるタフな直線を乗り切るために、インで脚を温存できる馬が好走しやすい。

それでは、プロキオンステークス 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

七夕賞 2018 調教タイム・追い切り情報

七夕賞 2018の調教タイムを公開中!

今週は、七夕賞(芝2000m)が福島競馬場で開催されます。

七夕賞にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは七夕賞 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

七夕賞 2018には、エプソムカップで0.3秒差の4位入着のサーブルオール、昨年の京都新聞杯の勝ち馬プラチナムバレット、前走の福島民報杯を勝ったマイネルサージュ、今年のG3で好成績のレイホーロマンス、マーメイドステークスで2着に入ったワンブレスアウェイ、福島牝馬Sを勝利したキンショーユキヒメ、その他にもマイネルフロスト などが出走予定です。

その七夕賞 2018の舞台となる福島競馬場 芝2000mのコース特徴をご紹介します。

4コーナーの奥にあるポケット(引き込み線)からスタート。スタート直後が緩やかな下りで、その後に上り坂がある。スタート地点から1コーナーまでの距離は約500メートルと長い。決勝線を過ぎたあたりから1コーナー、2コーナーにかけて緩やかに下っていき、向正面には約100メートルの上り坂がある。

3コーナーから4コーナーにかけては平坦で、最後の直線は292メートル(Aコース使用時)。ゴール前には上り坂がある。前半の流れが速くなる傾向が強く、淀みのない流れで長く脚を使い続けることが要求される。スピードを持続する能力に優れた馬が好走しやすいコースだ。

それでは、七夕賞 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

CBC賞 2018 調教タイム・追い切り情報

CBC賞 2018の調教タイムを公開中!

今週は、CBC賞(芝1200m)が中京競馬場で開催されます。

CBC賞にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではCBC賞 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、中京競馬場 芝1200mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

CBC賞 2018には、後の安田記念を制覇するモズアスコットを抑えて安土城Sを勝ったダイメイフジ、ファルコンS2着のアサクサゲンキ、函館スプリントS8着からの巻き返しなるかワンスインナムーン、春雷Sを制したペイシャフェリシタ、昨年のCBC賞で2着に入ったセカンドテーブル、その他にもダイメイプリンセス、アクティブミノル、フミノムーン などが出走予定です。

そのCBC賞 2018の舞台となる中京競馬場 芝1200mのコース特徴をご紹介します。

向正面の半ばからスタートするレイアウトで、3コーナーまでの距離は約300メートル。スタート後100メートル過ぎ(残り1080メートル付近)から直線の入り口まで緩い下り坂があるものの、前半の流れは落ち着くことが多い。

直線は412.5メートルと十分な距離があり、残り340メートル付近から急な坂を約100メートル上っていく。芝1200メートルとしてはタフなコース設定で、スピードだけで押し切るのは難しく、馬力が要求される。

それでは、CBC賞 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

ラジオNIKKEI賞 2018 調教タイム・追い切り情報

ラジオNIKKEI賞 2018の調教タイムを公開中!

今週は、ラジオNIKKEI賞(芝1800m)が福島競馬場で開催されます。

ラジオNIKKEI賞にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではラジオNIKKEI賞 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

ラジオNIKKEI賞 2018には、デビューから2戦2勝のフィエールマン、京成杯で3着、プリンシパルSで3着のイェッツト、若駒Sの勝ち馬ケイティクレバー、白百合Sを勝ったメイショウテッコン、4戦全て連対中のキューグレーダー、共同通信杯で3着のエイムアンドエンド、その他にもキボウノダイチ、グレンガリー などが出走予定です。

そのラジオNIKKEI賞 2018の舞台となる福島競馬場 芝1800mのコース特徴をご紹介します。

ホームストレッチの半ばからスタートするレイアウトで、スタート地点から1コーナーまでの距離は約300メートル。決勝線を過ぎたあたりから1コーナー、2コーナーにかけて緩やかに下っていく。向正面(残り1000メートル付近)で上り坂があり、3コーナーから4コーナーにかけてほぼ平坦。4コーナー半ばから直線の入り口まで緩やかに下っていく。

直線距離は292メートル(Aコース使用時)で、ゴール前に上り坂がある。スピードの持続力に加えて、インで器用に立ち回る能力を兼ね備えた馬が好走しやすいコースだ。

それでは、ラジオNIKKEI賞 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

宝塚記念 2018 調教タイム・追い切り情報

宝塚記念 2018の調教タイムを公開中!

今週は、宝塚記念(芝2200m)が阪神競馬場で開催されます。

宝塚記念にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは宝塚記念 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、阪神競馬場 芝2200mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

宝塚記念 2018には、凱旋門賞から帰国後はパッとしない成績のサトノダイヤモンド、昨年の宝塚記念を制したサトノクラウン、日経賞は9着も昨年の菊花賞馬キセキ、ドバイターフ2着以来のヴィブロス、香港から参戦のワーザー、春の天皇賞で4着のミッキーロケット、その他にもパフォーマプロミス、ストロングタイタン などが出走予定です。

その宝塚記念 2018の舞台となる阪神競馬場 芝2200mのコース特徴をご紹介します。

ホームストレッチのポケットからスタートし、1コーナーに向かっていくレイアウト。1コーナーまでは約550メートル。直線半ばで1回目の急坂を上る。1コーナーから2コーナー、バックストレッチまではほぼ平坦で、3コーナーの途中から4コーナー、直線の半ばまで緩やかに下っていく。直線距離は359.1メートル(Bコース使用時)。

ゴール前(残り約190~70メートル付近)に2回目の急な上り坂が待ち受ける。終始息が入りづらく、脚をためにくいコース構造。ジャパンカップやクラシックレースとは異なる距離でタフな馬場になることも多く、馬力を競うレースになりやすい。独特の能力がここで開花し、宝塚記念でGⅠ初タイトルを獲得するケースも多い。

それでは、宝塚記念 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

函館スプリントステークス 2018 調教タイム・追い切り情報

函館スプリントステークス 2018の調教タイムを公開中!

今週は、函館スプリントステークス(芝1200m)が函館競馬場で開催されます。

函館スプリントステークス 2018 にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは函館スプリントステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

函館スプリントステークス 2018には、高松宮記念で3着のナックビーナス、阪急杯の勝ち馬ダイアナヘイロー、昨年のスプリンターズSで3着のワンスインナムーン、前回の高松宮記念を制したセイウンコウセイ、その他にもキングハート、ジューヌエコール、エポワス、ティーハーフ などが出走予定です。

その函館スプリントステークス 2018の舞台となる函館競馬場 芝1200mのコース特徴をご紹介します。

スタート地点は2コーナー奥の引き込み線にあり、バックストレッチを3コーナーまで真っすぐに向かっていくレイアウト。バックストレッチ、3コーナー、4コーナーの入り口にかけて緩やかに上り、4コーナーの途中から直線(残り約100メートル付近)まで緩やかに下って、ラスト100メートルは平坦となる。直線の距離は262.1メートル(Aコース使用時)。

レース前半が厳しいため、後半で上がりのかかるタフなコース。スプリント能力はもちろんだが、洋芝のタフな馬場を走り抜くパワーも要求される。

それでは、函館スプリントステークス 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

ユニコーンステークス 2018 調教タイム・追い切り情報

ユニコーンステークス 2018の調教タイムを公開中!

今週は、ユニコーンステークス(ダート1600m)が東京競馬場で開催されます。

ユニコーンステークス 2018 にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではユニコーンステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、東京競馬場 ダート1600mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

ユニコーンステークス 2018には、全日本2歳優駿を制覇したルヴァンスレーヴ、鳳雛Sで2着に入ったグレートタイム、500万下・青竜Sを連勝中のグリム、同じく連勝で鳳雛Sを制したハーベストムーン、ダートでは2戦2勝のレピアーウィット、その他にもリョーノテソーロ、バイラ、コマビショウ などが出走予定です。

そのユニコーンステークス 2018の舞台となる東京競馬場 ダート1600mのコース特徴をご紹介します。

2コーナー奥の芝からスタートして、向正面のダートに合流するまでの距離は約150メートル。3コーナーに真っすぐ向かっていくレイアウトのため、スタート直後に馬群が密集しづらく、ポジション取りでごちゃつくことは少ない。向正面半ばには緩やかな上りがあり、その後3コーナーに向けて緩やかに下る。

4コーナーを回って最後の直線は501.6メートルで、JRAのダートコースの中ではもっとも長い。スプリンタータイプにはタフなコースで、中距離タイプは、道中の淀みなく速い流れについて行けるスピードが必要とされる。

それでは、ユニコーンステークス 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

エプソムカップ 2018 調教タイム・追い切り情報

エプソムカップ 2018 調教タイムを公開中!

今週は、エプソムカップ(芝1800m)が東京競馬場で開催されます。

エプソムカップ 2018 にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではエプソムカップ 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

エプソムカップ 2018には、ダイワキャグニー、サトノアーサー、サーブルオール、スマートオーディン、グリュイエール、エアアンセム、ハクサンルドルフ、ブラックスピネル などが出走予定です。

そのエプソムカップ 2018の舞台となる東京競馬場 芝1800mのコース特徴をご紹介します。

2コーナーに向かって斜めにスタートするレイアウト。2コーナーまでの距離が短いため、外めを通らされると不利になる。向正面半ばに上りがあり、そこから3コーナーにかけては下り。直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り(高低差2.0メートル)があり、その後300メートルはほぼ平坦。前半はゆったりと流れ、上がり勝負になることが多い。

最初の2コーナーでうまく流れに乗れる器用さがあって、直線に末脚を温存できるタイプが好走しやすい。芝1800メートルはGⅠレースが行われない距離で独特の適性が要求されるため、器用に立ち回れる“1800メートル巧者”が実績馬を負かすケースも多い。

それでは、エプソムカップ 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

« Older Entries
Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる