今週レースの追い切り

LINEで送る
Pocket

オールカマー2018 調教タイム・追い切り情報

オールカマー2018の調教タイムを公開中!

今週は、オールカマー(芝2200m)が中山競馬場で開催されます。

2018年のオールカマーにはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではオールカマー2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、中山競馬場 芝2200mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

オールカマー2018には、昨年のダービー馬レイデオロ、昨年の皐月賞馬アルアイン、有馬記念の勝ち馬であり昨年の宝塚記念で2着のゴールドアクター、アメリカジョッキーCの勝ち馬ダンビュライト、日経賞の勝ち馬ガンコ、函館記念を勝ったエアアンセム、その他にはブラックバゴ、マイネルフロスト などが出走予定です。

そのオールカマー2018の舞台となる中山競馬場 芝2200mのコース特徴をご紹介します。

ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約430メートル。スタート直後に急勾配の上りがあり、さらに1コーナーでも上っていく。その後は、外回りの2コーナー過ぎから3コーナーまで終始下りとなる。最後の直線は310メートルで、直線の半ばでは再び急勾配の上りが待ち受ける。

前半はゆったりと流れて、後半の向正面あたりから長く脚を使い続けることが要求される。このコースで行われた2002年のジャパンカップは外国馬がワンツー。日本で要求される主流の能力かつスピードの持続性を併せ持つ馬が好走しやすいコースなのかもしれない。

それでは、オールカマー2018の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

神戸新聞杯2018 調教タイム・追い切り情報

神戸新聞杯2018の調教タイムを公開中!

今週は、神戸新聞杯(芝2400m)が阪神競馬場で開催されます。

2018年の神戸新聞杯にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは神戸新聞杯の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、阪神競馬場 芝2400mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

神戸新聞杯2018には、今年の日本ダービーを制したワグネリアン、皐月賞を制し日本ダービーも2着に入ったエポカドーロ、日本ダービーで4着のエタリオウ、青葉賞を勝ったゴーフォザサミット、京都新聞杯を制したステイフーリッシュ、ラジオNIKKEI賞の勝ち馬メイショウテッコン、その他にもアドマイヤアルバ、タイムフライヤー などが出走予定です。

その神戸新聞杯の舞台となる阪神競馬場 芝2400mのコース特徴をご紹介します。

芝2000メートル(内回り)と同じホームストレッチの半ばからスタート。スタート直後に上り坂がある。1コーナーまでの距離は約350メートル。1コーナーから2コーナー、バックストレッチまではほぼ平坦で、外回りコースに入ってすぐ約100メートル続く上り坂がある。3コーナーから4コーナーにかけてはほぼ平坦で、4コーナーの途中(残り約600メートル地点)から直線の半ばまで緩やかに下っていく。

直線距離は476.3メートル(Bコース使用時)。ゴール前には急な上り坂が待ち受ける。タフなコースで体力が必要とされ、最後の直線までその体力を残せるように、道中で消耗しない気性を持つ馬が好走しやすい。体力を温存できた馬たちが、最後の直線でスピード能力を競い合うレースとなる。

それでは、神戸新聞杯2018の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

セントライト記念 2018 調教タイム・追い切り情報

2018年のセントライト記念 調教タイムを公開中!

今週は、セントライト記念(芝2200m)が中山競馬場で開催されます。

セントライト記念2018 にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではセントライト記念の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、中山競馬場 芝2200mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

2018年のセントライト記念には、ダービー馬レイデオロの全弟で3戦無敗のレイエンダ、日本ダービーで3着に入ったコズミックフォース、NHKマイルCで惜しくもクビ差の2着だったギベオン、皐月賞で3着のジェネラーレウーノ、プリンシパルSで2着のブレステイキング、前走1000万下を逃げて圧勝したタニノフランケル、その他にもグレイル、オウケンムーン などが出走予定です。

そのセントライト記念の舞台となる中山競馬場 芝2200mのコース特徴をご紹介します。

ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約430メートル。スタート直後に急勾配の上りがあり、さらに1コーナーでも上っていく。その後は、外回りの2コーナー過ぎから3コーナーまで終始下りとなる。最後の直線は310メートルで、直線の半ばでは再び急勾配の上りが待ち受ける。

前半はゆったりと流れて、後半の向正面あたりから長く脚を使い続けることが要求される。このコースで行われた2002年のジャパンカップは外国馬がワンツー。日本で要求される主流の能力、かつスピードの持続性を併せ持つ馬が好走しやすいコースなのかもしれない。

それでは、セントライト記念 2018の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

ローズステークス 2018 調教タイム・追い切り情報

ローズステークス 2018の調教タイムを公開中!

今週は、ローズステークス(芝1800m)が阪神競馬場で開催されます。

ローズステークス 2018にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではローズステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、阪神競馬場 芝1800mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

ローズステークス2018には、オークスで6着のサトノワルキューレ、桜花賞で4着に入ったトーセンブレス、フラワーカップの勝ち馬カンタービレ、クイーンカップ2着のフィニフティ、忘れな草賞を勝ち上がったオールフォーラヴ、前走の500万下を0.6秒差で楽勝したサラキア、その他にもアンコールプリュ、ゴージャスランチ などが出走予定です。

そのローズステークス 2018の舞台となる阪神競馬場 芝1800mのコース特徴をご紹介します。

2コーナーの引き込み線からスタート。外回りコースに入るまではほぼ平坦で、外回りに入ってから3コーナーまで上っていく。4コーナーから緩やかに下り、ホームストレッチに向いてから直線半ばまでさらに下る。直線距離は473.6メートル(Aコース使用時)。ゴール前に急な上り(高低差1.8メートル)がある。

レースの前半に負荷がかかりやすい構造のため、先行馬がスピードに任せて押し切るにはタフなコース。道中で脚をためて、最後まで末脚を持続できる馬が好走しやすい。

それでは、ローズステークス 2018の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

セントウルステークス 2018 調教タイム・追い切り情報

セントウルステークス2018の調教タイムを公開中!

今週は、セントウルステークス(芝1200m)が阪神競馬場で開催されます。

セントウルステークス 2018にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトではセントウルステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、阪神競馬場 芝1200mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

セントウルステークス2018には、高松宮記念を制覇した去年の覇者ファインニードル、アイビスSDで2着・北九州記念で3着と連続して好走しているラブカンプー、阪急杯の勝ち馬ダイアナヘイロー、一昨年の2着馬ネロ、アイビスSDで4着のレジーナフォルテ、鋭い末脚を持つアサクサゲンキ、その他にもアンヴァル、アクティブミノル などが出走予定です。

そのセントウルステークス2018の舞台となる阪神競馬場 芝1200mのコース特徴をご紹介します。

スタートしてから最初のコーナー(3コーナー)までは約250メートル。3コーナー半ばから4コーナー、直線の半ばにかけて緩やかに下っていき、ゴール前に急な上り坂が待ち受ける。直線距離は356.5メートル(Aコース使用時)。3コーナーまでの距離が短いため、スタート後のポジション争いはごちゃつくことが多い。

先行馬にはスタートから3コーナーまでの短い距離で前のいいポジションを確保するダッシュ力、差し馬にはインを回る器用さと先行馬を抜き去る瞬発力、直線でのスピードが要求されやすい。

それでは、セントウルステークス2018の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

京成杯オータムハンデ 2018 調教タイム・追い切り情報

京成杯オータムハンデ2018の調教タイムを公開中!

今週は、京成杯オータムハンデ(芝1600m)が中山競馬場で開催されます。

京成杯オータムハンデ 2018にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは京成杯オータムハンデ 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、中山競馬場 芝1600mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

京成杯オータムハンデ 2018には、関屋記念で2着に入ったワントゥワン、前走の中京記念で惜しくも2着のロジクライ、関屋記念で4着のヤングマンパワー、ダービー卿CTの勝ち馬ヒーズインラブ、ここまで10戦して着外が1回しかない上がり馬ミッキーグローリー、一昨年の覇者ロードクエスト、その他にもベステンダンク、ウインガニオン などが出走予定です。

その京成杯オータムハンデ 2018の舞台となる中山競馬場 芝1600mのコース特徴をご紹介します。

1コーナー奥からスタートして、外回りの2コーナーに向かっていくレイアウト。2コーナーまでの距離が短いので、先行争いが激しくなるケースも多い。外回りに入ってからは、4コーナーまで終始下りとなり、ペースが落ちづらい。直線は310メートルで、直線の半ばには急勾配の上りがある。

JRAの芝1600メートルのコースの中では、中京と共にコーナーが3回(新潟・東京・京都・阪神は2回)で、直線も短い独特のコース。路盤改修で従来より速い上がりが出るようになったとはいえ、コース形態上は上がりがかかりやすい構造と言える。外から一瞬の脚で差せる馬が好走しやすい。

それでは、京成杯オータムハンデ2018 の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

紫苑ステークス 2018 調教タイム・追い切り情報

紫苑ステークス2018の調教タイムを公開中!

今週は、 紫苑ステークス(芝2000m)が中山競馬場で開催されます。

紫苑ステークス 2018にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは 紫苑ステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。
また、中山競馬場 芝2000mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

紫苑ステークス 2018には、一番人気が予想される桜花賞・オークスで5着のマウレア、フラワーC・フローラSでともに3着に入ったノームコア、クイーンCで2着のフィニフティ、オークスで7着のパイオニアバイオ、中山2000mで勝鞍のあるレッドベルローズ、桜花賞で大敗も安定した実績を持つハーレムライン、その他にもランドネ、ロサグラウカ などが出走予定です。

その 紫苑ステークス 2018の舞台となる中山競馬場 芝2000mのコース特徴をご紹介します。

ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約400メートル。スタート直後に急勾配の上りがあり、1コーナーの途中までは上りが続く。そこから向正面半ばまでが緩い下りで、3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦。最後の直線は310メートルだが、直線の半ばには再び急勾配の上りが待ち受ける。

芝2000メートルのコースの中では、中京と並びタフな構造と言えるが、2014年の路盤改修後は、3コーナーからスピードに乗りやすくなった印象を受ける。2度の直線の坂越えをこなすパワーがある馬の中で、3コーナーから直線でスピードを持続できる馬ほど、好走しやすいコースと言えるだろう。

それでは、紫苑ステークス2018 の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

新潟記念 2018 調教タイム・追い切り情報

新潟記念 2018の調教タイムを公開中!

今週は、新潟記念(芝2000m)が新潟競馬場で開催されます。

新潟記念 2018にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは新潟記念 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。さらに連対時の一週前追い切りタイムや、当該レースの一週前追い切りタイムも掲載していますので、慌てて仕上げてきたのか?それともじっくり乗り込まれているのか?まで判断できます。

新潟記念2018には、本ダービー5着の実力馬ブラストワンピース、エプソムカップで3着に入ったグリュイエール、中山金杯を勝ったものの骨折休養明けとなるセダブリランテス、中日新聞杯を制したメートルダール、小倉記念で5着のストーンウェア、オープンに上がったばかりのエンジニア、その他にもレアリスタ、マイネルミラノ などが出走予定です。

その新潟記念 2018の舞台となる新潟競馬場 芝2000mのコース特徴をご紹介します。

2コーナー奥のポケットからスタートし、バックストレッチをフルに走るレイアウト。3コーナーまでの距離は約950メートル。スタートしてしばらくは平坦だが、外回りコース に入ってから3コーナーまで緩やかに上り、そこから4コーナーにかけて今度は緩やかに下っていく。JRAの芝2000メートルでは唯一コーナー通過が2回(東京は3回、その他の場は4回)のコース。

直線距離は658.7メートルと、JRAでは最も長い(芝直線1000メートルを除く)。上がりが極端に速いレースになりやすく、直線コースで内、外の有利不利が極端に出ることもある。騎手のポジション取りが重要なコースと言えるだろう。

新潟記念 2018 の調教タイムは、8月31日(金)に更新する予定です。
それまでは直近連対時の追い切り内容と調教タイムを掲載しておきますので、ご参考にして下さい。

それでは、新潟記念2018の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

札幌2歳ステークス 2018 調教タイム・追い切り情報

札幌2歳ステークス 2018の調教タイムを公開中!

今週は、札幌2歳ステークス(芝1800m)が札幌競馬場で開催されます。2歳戦ということもあり、能力を測る上で調教タイムはより一層重要になってきます!

札幌2歳ステークス 2018にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは札幌2歳ステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

札幌2歳ステークス 2018には、クラージュゲリエ、アフランシール、ウィクトーリア、ラブミーファイン、ナイママ、クリスタルバローズ、エメラルファイト、ナンヨーイザヨイ などが出走予定です。

その札幌2歳ステークス 2018の舞台となる札幌競馬場 芝1800mのコース特徴をご紹介します。

スタートしてから1コーナーまでの距離は約200メートルで、コーナー4つの芝1800メートルのコース(他に函館・福島・中山・小倉)の中では最も短い。コース全体がほぼ平坦で、各コーナーはカーブがきつくなく、直線が短い(Cコース使用時で269.1メートル)ため、その前の4コーナーから加速することになるが、コーナーが緩いため勢いがつきやすい。

最初の1コーナーをロスなく回り、4コーナーから加速して、短い直線でトップスピードに乗れるタイプの馬が好走しやすい。

それでは、札幌2歳ステークス 2018の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

小倉2歳ステークス 2018 調教タイム・追い切り情報

小倉2歳ステークス 2018の調教タイムを公開中!

今週は、小倉2歳ステークス(芝1200m)が小倉競馬場で開催されます。

小倉2歳ステークス 2018にはさまざまな競走馬がエントリーしていますが、追い切りは調教タイムの速さだけを見たり他の馬と比較していては正しく評価できません。
その馬自身の過去の調教・好調時の調教タイムや一週前の追い切り内容と比較して、それよりも良いか?悪いか?という「縦の比較」をすることで、本当の調子が分かるのです。

このサイトでは小倉2歳ステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイムや同一調教におる過去の調教タイム平均、そして一週前追い切りタイムも掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

小倉2歳ステークス 2018には、ジャカランダシティ、シングルアップ、セプタリアン、タムロドリーム、チュウワフライヤー、ファンタジスト、ミヤジシルフィード、ルチアーナミノル などが出走予定です。

その小倉2歳ステークス 2018の舞台となる小倉競馬場 芝1200mのコース特徴をご紹介します。

2コーナーのポケットからのスタート。スタート直後に緩やかな下り坂があり、3コーナーまでの距離が約450メートルと長い。さらに“スパイラルカーブ”によりスピードが落ちづらいため、JRAの芝1200メートルの中では最も前半が速く流れる構造となっている。

3コーナーから4コーナーにかけても緩やかに下り、直線は平坦。前半に無理せざるを得ないため、上がりはかかることが多い。馬場が重くなると、マイル寄りの適性が求められるが、インコースが良好な馬場になることが多いため、軽快なダッシュ力が重要なポイントとなる。

それでは、小倉2歳ステークス 2018の一週前追い切りタイムと本追い切りの調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

« Older Entries
Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる