今週レースの追い切り

LINEで送る
Pocket

マイラーズカップ 2018 調教タイム

マイラーズカップ 2018の調教タイムを公開中!

今週は、マイラーズカップ(芝1600m)が京都競馬場で開催されます。
このサイトではマイラーズカップ 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

そのマイラーズカップ 2018には、GI初優勝を目指す断然一番人気が予想されるエアスピネル、昨年のスワンSを制するなど実績十分なサングレーザー、阪急杯で2着に入ったモズアスコット、連勝で勢いに乗っているロジクライ、京都金杯を勝ち上がったブラックムーン、最近は低迷するも昨年のマイラーズカップで3着に粘り込んだヤングマンパワー、その他にもグァンチャーレ、ダッシングブレイズ などが出走予定です。

舞台となる京都競馬場 芝1600mのコース特徴をご紹介します。

2コーナーの引き込み線にあるスタート地点から、3コーナーまでの距離が長いコース。向正面の半ばから3コーナーにかけては上り坂で、3コーナーから4コーナー半ばにかけて一気に下り、直線約400メートル(Cコース使用時398.7メートル)が平坦となる。

直線では馬群がばらけて、内が空くケースも多い。京都の芝コースは移動柵がA~Dまで取れるため、終始インコースの良い状態が続く。基本的には時計勝負になりやすく、スピードの持続性に加えて、インを器用に立ち回る能力が要求されるコースだ。

それでは、マイラーズカップ 2018の調教タイムをご覧ください。

追い切り情報はこちら >>>

フローラステークス 2018 調教タイム

フローラステークス 2018の調教タイムを公開中!

今週は、フローラステークス(芝2000m)が東京競馬場で開催されます。
このサイトではフローラステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

そのフローラステークス 2018には、重賞初制覇を目指すサトノワルキューレ、チューリップ賞で4着のサラキア、ミモザ賞を勝ったレッドベルローズ、フラワーCで3着に入ったノームコア、同じくクイーンCで4着のオハナ、その他にもデュッセルドルフ、ディアジラソルなどが出走予定です。

舞台となる東京競馬場 芝2000mのコース特徴をご紹介します。

1コーナー奥にあるスタート地点から2コーナーに向かっていくレイアウト。2コーナーまでの距離が短いため、外めを通らされると距離のロスが大きい。向正面半ばに上り坂があり、そこから3コーナーにかけて下り。直線は525.9メートル。

直線に向いてすぐ約160メートルの上りがあり、その後約300メートルはほぼ平坦。坂を上った後に、ゴール前でもう一度末脚を伸ばすことが求められるタフなコース。

レース前半を器用に立ち回ることができて、直線でより速い末脚を発揮する能力、タフなコースを押し切るだけの体力を持つ馬が好走しやすい。

それでは、フローラステークス 2018の調教タイムをご覧ください。

追い切り情報はこちら >>>

皐月賞 2018 調教タイム

皐月賞 2018の調教タイムを公開中!

いよいよ今週は、牡馬クラシックの最初のレースであるG1の皐月賞(芝2000m)が中山競馬場で開催されます。
このサイトでは皐月賞 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

GI朝日杯フューチュリティSの勝ち馬で、皐月賞と同じ中山2000mの弥生賞(G2)も勝ったダノンプレミアムが、なんと直前で皐月賞を回避するという事態に。圧倒的一番人気が予想される馬がいなくなったことで、今年の皐月賞 2018 はいよいよ混沌としてきました。
そうなってくると重要なのが出走馬の仕上がり具合ですね。ぜひ当サイトの調教タイムを参考にして下さい。

皐月賞 2018の舞台となる中山競馬場 芝2000mのコース特徴をご紹介します。

ホームストレッチの入り口からスタートして、1コーナーまでは約400メートル。スタート直後に急勾配の上りがあり、1コーナーの途中までは上りが続く。そこから向正面半ばまでが緩い下りで、3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦。

最後の直線は310メートルだが、直線の半ばには再び急勾配の上りが待ち受ける。芝2000メートルのコースの中では、中京と並びタフな構造と言えるが、2014年の路盤改修後は、3コーナーからスピードに乗りやすくなった印象を受ける。

2度の直線の坂越えをこなすパワーがある馬の中で、3コーナーから直線でスピードを持続できる馬ほど、好走しやすいコースと言えるだろう。

さらに、皐月賞が行われる 中山芝2000mの傾向や有利不利 の分析結果と合わせて馬券検討すると良いでしょう。

その皐月賞 2018には、ワグネリアン、ステルヴィオ、ジャンダルム、キタノコマンドール、エポカドーロ、タイムフライヤー、オウケンムーン、ジェネラーレウーノ などが出走予定です。

それでは、第78回皐月賞2018の調教タイムをご覧ください。

追い切り情報はこちら >>>

アンタレスステークス 2018 調教タイム

アンタレスステークス 2018の調教タイムを公開中!

今週は、第23回 アンタレスステークス(芝1800m)が阪神競馬場で開催されます。
このサイトではアンタレスステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

舞台となる阪神競馬場 芝1800mのコース特徴をご紹介します。

ホームストレッチの半ばからスタートして、直後に直線の急坂を上る、1コーナーまでは約300メートルと短め。1コーナーから2コーナー、バックストレッチまではほぼ平坦で、バ ックストレッチ半ばから3コーナー、4コーナー、直線半ばにかけて緩やかに下る。

最後の直線距離は352.7メートル〔JRAのダート1800メートルの中では中京(410.7メートル)、新潟(353.9メートル)に次ぐ長さ〕で、残り約200メートルの地点には2回目の急坂が待ち受ける。

レース前半にかかる負荷が軽いため、バックストレッチの下りからペースが上がって後半が速くなりやすい。末脚のスピードが乗りやすいため、芝の中長距離のような、レース後半に脚を伸ばす能力が要求されやすい。

そのアンタレスステークス 2018には、ナムラアラシ、グレイトパール、クインズサターン、ミツバ、アルタイル、メイショウスミトモ、ディアデルレイ、ユラノト などが出走予定です。

それでは、第23回 アンタレスステークス 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

アーリントンカップ 2018 調教タイム

アーリントンカップ 2018の調教タイムを公開中!

今週は、第27回 アーリントンカップ(芝1600m)が阪神競馬場で開催されます。
アーリントンCは、今年からNHKマイルCのトライアル競走に指定されました。そのため今までよりもしっかり仕上げて挑んでくる競走馬が多いと思われますので、しっかり調教タイムに注目していきましょう。

このサイトではアーリントンカップ 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

舞台となる阪神競馬場 芝1600mのコース特徴をご紹介します。

スタート後、外回りコースに入ってから3コーナー手前まで上り。4コーナーから緩やかな下りで、直線に向いてからも半ば(残り190メートル付近)まで下っていく。直線距離は476.3メートル(Bコース使用時)。

ゴール前に急な上り(高低差1.8メートル)がある。前半に負荷がかかりやすい構造で、道中は脚をため、直線でスピードを発揮する馬が好走しやすい。ただし、あまりにもスローペースになれば逃げ馬が有利となる。

開催前半で芝の状態が良好なときは、インを回る能力や先行力が重要になりやすい。

そのアーリントンカップ 2018には、インディチャンプ、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、ラセット、レッドヴェイロン、パクスアメリカーナ、アドマイヤアルバ、ピースユニヴァース などが出走予定です。

それでは、第27回 アーリントンカップ 2018の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

桜花賞 2018 調教タイム

桜花賞 2018 調教タイムを無料公開中!

今週 4月8日の日曜日には、いよいよG1である 第78回 桜花賞(芝1600m)が阪神競馬場で開催されます。
このサイトでは桜花賞 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

舞台となる阪神競馬場 芝1600mのコース特徴をご紹介します。

スタート後、外回りコースに入ってから3コーナー手前まで上り。4コーナーから緩やかな下りで、直線に向いてからも半ば(残り190メートル付近)まで下っていく。

直線距離は476.3メートル(Bコース使用時)。ゴール前に急な上り(高低差1.8メートル)がある。

前半に負荷がかかりやすい構造で、道中は脚をため、直線でスピードを発揮する馬が基本的に有利。ただし、極端にスローなペースになれば逃げ馬が有利となる。

開催前半で芝の状態が良好なときは、インを回る能力や先行力が重要になりやすい。

その桜花賞には、ラッキーライラック、アーモンドアイ、リリーノーブル、マウレア、プリモシーン、リバティハイツ、デルニエオール、フィニフティ、アンコールプリュ などが出走予定です。

それでは、第78回 桜花賞 2018 の調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

ニュージーランドトロフィー 2018 調教タイム

ニュージーランドトロフィー 2018の調教タイムを公開中!

今週は、第36回 ニュージーランドトロフィー (芝1600m)が中山競馬場で開催されます。
このサイトではニュージーランドT 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

舞台となる中山競馬場 芝1600mのコース特徴をご紹介します。

1コーナー奥のスタート地点からスタートして、外回りコースの2コーナーに向かっていくレイアウト。2コーナーまでの距離が短いので、先行争いが激しくなるケースも多い。外回りコースに入ってからは、4コーナーまで終始下りとなり、ペースが落ちづらい。直線は310メートルで、直線の半ばには急勾配の上りがある。

JRAの芝1600メートルのコースの中では、中京と共にコーナーが3回(新潟・東京・京都・阪神は2回)で、直線も短い独特のコース。路盤改修で従来より速い上がりが出るようになったとはいえ、コース形態上は上がりがかかりやすい構造と言える。

外から一瞬の脚で差せる馬が好走しやすい。

そのニュージーランドトロフィー 2018には、ケイアイノーテック、カシアス、ファストアプローチ、カツジ、リョーノテソーロ、アンブロジオ、ラムセスバローズ、トーセンブレス などが出走予定です。

ニュージーランドTには、リョーノテソーロ、カシアス、ケイアイノーテック、アンブロジオ、ファストアプローチ、ラムセスバローズ、カツジ、アイスフィヨルド などが出走予定です。

それでは、第36回 ニュージーランドT 2018の追い切り調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

阪神牝馬ステークス 2018 調教タイム

阪神牝馬ステークス 2018 調教タイムを無料公開中!

今週は、第61回 阪神牝馬ステークス(芝1600m)が阪神競馬場で開催されます。
このサイトでは阪神牝馬ステークス 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

舞台となる阪神競馬場 芝1600mのコース特徴をご紹介します。

スタート後、外回りコースに入ってから3コーナー手前まで上り。4コーナーから緩やかな下りで、直線に向いてからも半ば(残り190メートル付近)まで下っていく。直線距離は476.3メートル(Bコース使用時)。ゴール前に急な上り(高低差1.8メートル)がある。

前半に負荷がかかりやすい構造で、道中は脚をため、直線でスピードを発揮する馬が基本的に有利。ただし、あまりにもスローペースになれば逃げ馬が有利となる。

開催前半で芝の状態が良好なときは、インを回る能力や先行力が重要になりやすい。

阪神牝馬ステークスには、リスグラシュー、ソウルスターリング、アドマイヤリード、ミスパンテール、ラビットラン、ジュールポレール、レッドアヴァンセ、ミリッサ などが出走予定です。

それでは、第61回 阪神牝馬ステークス 2018 調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

大阪杯 2018 調教タイム

大阪杯 2018の調教タイムを公開中!

今週は、大阪杯(芝2000m)が阪神競馬場で開催されます。
このサイトでは大阪杯 2018の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

舞台となる阪神競馬場 芝2000mのコース特徴をご紹介します。

ホームストレッチの半ばからスタートするレイアウト。スタート直後に上り坂がある。1コーナーまでは約350メートル。1コーナーから2コーナー、バックストレッチまではほぼ平坦で、3コーナー過ぎから4コーナー、直線の半ばにかけて緩やかに下る。

直線距離は359.1メートル(Bコース使用時)で、ゴール前には2回目の急な上り坂が待ち受ける。

最終コーナーから加速して、坂のある直線でも末脚を伸ばし続けられるスタミナ、馬力が要求されやすい。

その大阪杯 2018には、スワーヴリチャード、サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、ミッキースワロー、ダンビュライト、アルアイン、ペルシアンナイト、トリオンフ などが出走予定です。

それでは、大阪杯 2018の追い切り調教タイムをご覧下さい。

追い切り情報はこちら >>>

天皇賞春 2018 調教タイム

天皇賞(春) 2018 調教タイムを公開中!

今週は、天皇賞(春)(芝3200m)が京都競馬場で開催されます。
このサイトでは天皇賞(春)の調教タイムだけでなく、直近の連対時の調教タイム同一調教におる過去の調教タイム平均も掲載しているので、仕上がり具合を見るのに参考になると思います。

その天皇賞春 2018には、去年の天皇賞春で2着に入り秋にはジャパンカップを制したシュヴァルグラン、前哨戦となる阪神大賞典を勝ち切ったレインボーライン、菊花賞で2着・京都記念を勝利という京都巧者のクリンチャー、日経賞の勝ち馬ガンコ、阪神大賞典でレインボーラインの2着に入ったサトノクロニクル、ステイヤーズSを3連覇という驚異のスタミナを持つアルバート、その他トーセンバジル、チェスナットコート などが出走予定です。

天皇賞(春) 2018 の調教タイムは、4月27日(金)に更新する予定です。
それまで今しばらくお待ち下さい。

それまでは直近連対時の調教タイムを掲載しておきますので、ご参考にして下さい。

追い切り情報はこちら >>>

« Older Entries
Copyright(c) 2010 All Rights Reserved.
閉じる